作業待ち時間に、R nine T試乗

GSの作業待ちの間に試乗させてもらった。

デラの周りを適当に試乗。高速道路は使わず。

小さいし、デザインやパーツの質感はいい感じ。
そして空油冷に乗ってた頃を思い出させる乗り味。

テレレバーからテレスコになってて、R1200Rと比べて乗り味はどうかなと思ったけど、さほど違和感なし。
乗り心地は悪いとインプレした知人からも聞いてたので大げさに覚悟してたからか、それほどでもなかったw

ブレーキのレバーストロークがだいぶ深くとってあって、GSと同じラジアルマウントなのにタッチがいまいちなのが気になった。

乗った感じは、パフォーマンスを求めて走るバイクではない(もちろん狙ってもないと思うけど)

空水冷に慣れた体には空油冷のエンジンはまったりに感じる。その分せかされない感じはするけどね。



i5IMG_2276.jpg

i5IMG_2277.jpg

i5IMG_2278.jpg

i5IMG_2279.jpg

乗っててというより、停めてるたたずまいを眺める方が楽しいバイクだったりしてね。。。。


肝心のGSの作業については、必要パーツの認識モレから発注がされてなくて、仕切り直しに。
R nine Tの試乗をしにデラに行ったような感じだったけど、デラからの帰りの愛車GSのエンジンやボディのフィーリングにニヤつきながら帰ってきたよww

SHOEI GT-Air

SHOEIの新作。
プレミアムツーリングフルフェイスといううたい文句。

メットインナーにサンバイザー付き、シールドはピンロックでアンチフォグシートを装着できて曇りとおさらば。

やっぱメガネタイプのサングラスよりも、左手で即座に切り替えられるバイザーは便利だね。


ストラップもワンタッチバックル方式なんだけど、ロック可能なリングをちゃんとつけてくれてるあたりが、さすがはSHOEI。BMW純正メットにはこのリングが無いんだよね。
みんなパニアつけてツーリングに行ってるわけじゃないんだから、ヘルメットを車体とロックしたい時もあるよ。
rx100m2IMG_0193.jpg

赤とシルバーボディのバイクにも、青白ボディのバイクにも使える色合いでしょ?ww
rx100m2IMG_0191.jpg

試走の日は、朝家を出てから3時間かぶりっぱなしだったんだけど、おニューでもどこも痛くならないのが安定のSHOEI頭なんだろね。ARAIとかBMW純正メットだと初めはこうはいかないんだよねぇ...

ナビの地図データあぷで

西向きにツーリングに出たら、特に帰りは新東名で戻るというケースがすでにこれまでにも何度かあって、IC・SAの場所や、そこまでの距離を正確に知りたいなという思いもあり、BMW NAVIGATOR Ⅳの地図データを最新のVer14にあぷで。

さぁ、こうなると西向きルートで新東名を絡めたツーリングに出たいね。

また諏訪から杖突峠~しらびそ高原~天竜スーパー林道回って新東名に出るルートとか走りに行こうかな。

点検待ちの間に新型R1200GSを試乗

自分のの点検待ちの間に新型のR1200GSを試乗。

走行モードを右の手元でRAIN・ROAD・DYNAMIC・ENDUROに変更可能。ESAも走行モードに追従して自動でCONFORT・NORMAL・SPORTS・ENDUROに切り替わるんだって。

デラを出るときはRAINモードでスタートするが、アクセルを普通に捻って3000回転を越えたあたりから怒涛の加速を見せる。これでRAINモードなの?このモードでも空油冷のGSより速いんだけど(^_^;)

走行モードを切り替えながら、埠頭に。
いやぁ、低い回転から路面を蹴って怒涛の奪取を見せるので、加速感は凄まじい。実際アクセルを一瞬抜いてフロントサスを少し沈めてスロットルひねるだけで2NDでもフロントが浮くのでパワーもすごいんだと思う。
慣らしのF800Rから乗り換えたので、目がついていかないぐらいwww

こりゃ、前のモデルと同じなのは車名だけで、まったくの別物やんちゃバイクだね。コレでオフとか走ったらアクセル開けられない気がするけど、オンロードでは断然楽しい。
まったり走れないとは思うけど、自分的にはこのレスポンスとダッシュ力。大いにありだな。

K乗りの人がtwitterでKが要らないかもって言って人居たけど....

パワー的には50PS程度の差があるけど、必要にして十分というレベルを超えたかなりパワフルでレスポンスのいい新エンジンと、Kよりヒラヒラと軽い車体だし、タイヤもワイドになってるし、乗車ポジションから見切りがいいから、ワインディングでもかなりのシチュエーションではKより速いかもしれないね。

苦手なのはハンドル幅から来るすり抜けぐらいかなぁ...



キャストホイールがなかなかカッコいいデザイン。
乗るとタンクが長くハンドルまでに距離があるけど、乗った感じの車両の軽さをかなり感じる。
s20130502_RX100_0009.jpg

ノーマルとは思えない元気な音を出す、標準マフラー。
s20130502_RX100_0011.jpg

インパネも真新しい車種だけに綺麗で洗練られてる。
s20130502_RX100_0012.jpg

ナビのステー関係は標準装備だって。キーでナビ本体が車両にロックできるようになってるのがいいわ。
s20130502_RX100_0013.jpg

ドカやトラのライバル車両とかは試乗したことないけど、こんな暴れん坊なビッグオフでいいの?って感じで、また売れまくりそうだね。


自分は逝かなかったけど、うちらの仲間内にも、いつか登場しそうな予感がするわwww


F800GTで市街地を試乗

K1300Sのリコール対応をデラで作業中に、先日デビューフェアを終えたばかりのF800GTの試乗車があったので、ちょっと試乗。

ETCユニットが未装着だったので、市街地を20km程。

白の試乗車なんだけど、ほんと白くて眩しいww


GTモデルとなり、大型化されたカウリングのおかげで、サイズ変更がなかったメーターがやたら小ぶりに見えてさびしいコックピット。
スクリーンも大型化されてるけど、前傾が緩やかなので、K1300Sより上体に風が当たる。
i5IMG_6552.jpg

旧F800STの後継モデルとなるので、ハンドルは同様にバーハン仕様。ポジションはほんの少しの前傾なのでうんと楽。ウィンカースイッチ類は左集中タイプに。
i5IMG_6559.jpg

おろしたての新車の試乗車でODOが40km台。タイヤも車体もエンジンも新車状態なので、それなりに丁寧に操作。
i5IMG_6553.jpg

試乗に合わせ、コンフォートシートを装着してくれた。このシートはステッチが入ってるし表皮もオサレな感じ。乗り心地もヨシ。ポジションも足つきも当然問題ないので、もし自分がオーナーならこのシートを選ぶね。
i5IMG_6554.jpg

F800Rはチェーンドライブ採用だったけど、F800GTはF800S、F800STを踏襲してメンテナンスフリーのベルトドライブ採用。ロングツーリングでの天候変化などでチェーンの世話を心配しなくてもよいのはいいね。
i5IMG_6558.jpg

サイドビューはこんな感じ。タンクのエンドは切り立ってるので、身長の低い人はウェアと干渉して擦れるかも。
アンダーカウルがないからか、乗ってるとK1300Sより足元が寒かった。
i5IMG_6560.jpg

ノーマルマフラーは程々に元気な音。サイドワインダーって感じでガラガラガラガラ的な2気筒サウンド。アクラはもっと元気なんだろね。
それとセンスタ装備だったけど、スタンド掛けは試してない。
i5IMG_6561.jpg

ベルトドライブのネガもないし、パワーはKと比べちゃうと寂しい感じだけど、下道&高速でも、これだけあればけっこう十分かも。

軽さや車体構成がそうさせるのか、素直なハンドリングで、しかも横方向のリーンはすごく軽い。
峠(高速コーナー系より舗装林道系やつづら折りの低速コーナーが続く道)や、市街地ではうんと恩恵がありそう。

BMWのリッターツアラーを所有してるオーナーが買い替えや買い足しに走るような所有欲をそそるか?と言えば、個人的にそれはないけど....軽く取り回しで苦にならないサイズ感で、高速を使った比較的ハイスピードなツーリングも楽にこなし、遠出もするから防風効果の高いカウルが欲しいというユーザーにはうってつけかもね。

標準のサイドケースは大型だし、オプションでESAも選べるからタンデマーの選択肢にもいいかもね。

R1200Rで東京湾ぐるっと散歩

ドック入りしてるK1300Sが帰ってくる前に、代車のR1200Rでツーリングでもしてみたいなと思ってて、今朝出発。

空はどんより。

下り京葉道の千葉エリアからの合流ポイントの渋滞もなくスムーズだったんだけど、市原でパラッと雨が(苦笑)

なので、アクアラインに行き先を変更して、海ほたる。生涯2度目ww


s20121014_rx100_0005.jpg

s20121014_rx100_0008.jpg

s20121014_rx100_0010.jpg

s20121014_rx100_0013.jpg

外気温計はずっと17~18℃程度だったので、遅めの朝飯で体を温める。
s20121014_rx100_0017.jpg

勝浦式坦々麺のしょうゆ味と、アサリご飯。まぁ、普通にうまいしあったまったw
s20121014_rx100_0018.jpg

川崎~湾岸~原木でホームセンターで小物の買い出しして帰宅。

房総の峠は走らなかったけど、まぁ高速をだいぶと、この前よりは市街地も走って雰囲気はわかったわ。
メーターパネルを隠すほんの小さなカウルがあるけど、ネイキッドでの高速はやはり風がビュンビュン体を直撃して、飛ばす気にはならないし、R1200RのボクサーはGSほどのきびきび感がなく高速では高揚感なし。
s20120930_rx100_0007.jpg

ひいき目に見てるわけじゃないけど、やっぱGSのほうが加速が良く、アクセルのつきも1テンポ早く、まわした時の伸びとパンチ力があるような.....

いったん高速を降りれば、交差点でも旋回はクイックだし、Uターンや、降りての取り回しもうんと楽だし、停車姿勢も足べったりでうんと楽ではあるけど、このポジションで刺すに突き上げ食らうと自分は腰に来るね。

関東で近場のツーリングといっても、やっぱ高速は多かれ少なかれ使うわけで、自分的にはやっぱカウルのあるバイクの方が好きかなぁ。

Kの代役

福島ツーで被害を受けたアクシデントのため、Kがデラにドック入り。

相手の保険会社からドック入りの期間中のレンタカー費用も補償するとの提案があったので、しばらくはR1200R Hi-lineがKの代役に。

試乗したことがなかったので、どんな風なのか楽しみでもあったR1200R、今日はとりあえず家の近所をちょこっと走った程度で。


s20120930_rx100_0003.jpg

純正オプションのアクラが装着されてるけど、自分のGSと比べると音量はえっ??というくらい静か。
s20120930_rx100_0005.jpg

パラレバーの塗装はざらついたタイプ。クラシックはツルツル塗装らしい。
s20120930_rx100_0006.jpg

満タンで受け取って数キロ走っただけだけど、巡航可能距離表示にしたら余裕の300kmオーバーって、すごい燃費いいなぁ(・。・;
s20120930_rx100_0007.jpg

Kが返ってくるまでに2週間から3週間程度掛かる見込みなので、その間にツーリングに行くこともできるかも。

ちょっと乗った印象では(R1200GS比較で)
・低速トルクがない。アクセルひねればパワー出るけど、出だしが。
出力・トルク・ギアレシオは全く同じだけど、ファイナルレシオに違いがあるから、
  GSの方の出だしがいいということになるんだろうね。

・排気音がうんと静か。
  バッフル付きのアクラだけど、ノーマルのGSの方が排気音は元気。

・乗り心地はGSの圧勝。こいつはギャップで突き上げあり。
  GSの猫足には遠く及ばないかも。ちょっとギャップをあえて踏んで走ったら腰にきた(苦笑)

・1200CCとは思えないコンパクトさと、取り回しの良さ。
  小さいしハンドルの切れ角も大きいから、ほんのちょっとのスペースあったらUターンできる。
  今日もUターン機会があって、すごい楽。

・左右へのヒラヒラ感がすばらしい。
  前後17インチタイヤ+ボクサーツインの一番楽しいところかな。
  ほんとヒラヒラ左右に倒れるけど、ヤジロベイ構造で不安な感じは皆無。

・シートが低いので膝の曲がりがキツすぎる。
  ハイシートのオプションとかあるのかな??ある意味S1000RRよりも膝がきつい。

・風防性能は不明
  高速乗ってないから防風効果とはか不明だけど、それは返却までの間に試してみたいね。

いずれ、バイクを飛ばして乗らなくなった時とかに乗りたい車両の1つだったけど、ネイキッドはメーター周りがシンプルで寂しいのもあって、ライディングしてるポジションから見える景色には飽きる可能性もあるなぁ...

複数台保持でカウルモデルを1台持ったまま、もう1台をネイキッドに、という選択になった場合はどうだろぉ?今現在だと、もう少し排気量が小さくて元気がいいモデルを選ぶかも知れない。


[オートバイバイクグッズ]BMW Motorrad Navigator IV

朝チャリが終わって風呂入って汗も引かない状態でデラに行き旅力をアップする新パーツを装着。

まずは、K1300Sで入庫。

目的はコレ、BMW Motorrad Navigator IV(BMW専用ZUMO660) の取り付け↓
tx10DSC00608.jpg

いくつか販売されてるサードパーティのハンドルマウントキットを使って、見やすさ優先でハンドル付近への装着もいいかなぁとデラのサービスと相談しながら悩んだんだけど、ハンドルに重量物が乗っかるのがやっぱ最終的に気持ち良くなかったので、取り付け位置の評判があんまり良くない純正ステーでタンクに設置。

装着して、自宅まで走ったけど、うわさ通り目線の移動が大きすぎて走行中は危なくてまともに見てられないね(~_~;)まぁ、横からボディを見ても違和感少ないし、bluetoothで音声案内を聞く形にするから、まぁいっかwww

で、一旦家に戻って、今度はR1200GSに同ナビを取り付けるためのクレードルとステーを設置すべく、車両を入れ替えて再び午後からデラに。

こちらは思った通り設置場所がいいので、とても見やすい。タッチパネル操作とハンドルから遠そうだなぁと思ってたけど、案外そうでもなく、運転しながら普通に操作できるのでラッキー。
tx10DSC00610.jpg

とりあえず、2台分の取り付けで1日終わってしまったので、マニュアル見てツーリングで十分活用できるように研究しよう。

ちなみに、ナビ本体価格が値下がりしたのもあって導入に踏み切ったんだけど.....GS用のステー関係が高い(苦笑)

それと、BMW Motorrad NavigatorはZUMO660にはないサイドのボタンが付いてるクレードルがあるので、そいつも2台目用に買いたさないといけないしね(~_~;)

ともあれ、2000年からGPS、ナビと言えばgarmin一筋のユーザーなので、初めてバイク用のナビを装着する時もgarmin一択。

これまで走ってたまったウェイトポイントやルートデータがそのまま活用できるし、防水性能が使ってて安心。
それと、よくマスツーに行くメンバーのうち4人がZUMOとMAP60CSxユーザーだから、ツーリングのルートやウェイトポイントデータをあらかじめ共有もできるしね。

ちょっと、次のツーリングが楽しみに♪

[オートバイグッズ]B+COM SB213 & SB123 EVO

SB213の方は去年怪我するよりも前に買ってたんだけど、その後の車種変更やらモロモロの事情というか、単にめんどくささから1年以上使ってなかったんだけど、これも同時期に買った無線機STANDARD VX-8にbluetoothユニットを取り付けていることもあり、重い腰を上げて、先日の磐梯ツーに合わせて取り付けてるし付けてみてた(~_~;)
VX-8の方はbluetoothなしの有線状態ではすでに運用してたんだけど...

残念ながら当日はshuuさんの無線システム不調により、無線ユニットのレシーバーとしての送受信のテストはできなかったんだけど、まぁ同じバンド使ってる通信は聞こえたから、受信は問題ないことはわかってた。

貯蔵品状態が1年以上だったSB213


それと、もともとこのヘッドセットを選んだのはタンデムで出かける際に、無線機を使わずにこの本体どうしで通話できるので、その使い方をしたいという思いがあったため。
将来、無線を使うマスツーにタンデムで出かける際にも、自分のSB213はマルチチャネルで無線のヘッドセット兼タンデマーとの通信用として使えるしね。

停車の際やスピード落として大声やゼスチャーで会話するよりも、確実に声で会話できた方が便利なのを痛感してたから、一部補助はしたものの、相方に頑張ってもらってそろえた(爆)

すでにSB213には新型のEVOが出ている。
SB203とSB213のヘッドセットどうしでも通信可能となっていたので、SB213とSB213 EVOでも操作は変わるけど当然通信はできるだだろうし、新型の方が使い勝手は上がってるだろうから、EVOを。

SB213 EVO
qIMGP0738.jpg

使ってみると、使用するボタンの配置、形状、操作方法とか、USBの充電ユニットとの接続方法とかがかなり変わってるけど、通信と待ち時間は新型の方がだいぶ長くなってるので、やっぱ新型の分進化してるんだよね。

ペアリングしてから、部屋の中で2人でメットかぶって会話してみたけど、うまく会話できたので大丈夫そう。

実戦投入でどんな感じか楽しみだね♪途中雨降ったりすると防滴性能ってのがどの程度か心配だけどねぇ(~_~;)



[オートバイグッズ]alpinestars S-MX2

長年愛用してたクシタニのショートブーツがボロッとなって寿命になったので、新しいショートブーツを物色。

ショートブーツってなかなかモノがなくて....だったんだけど、家にアルパインのレーシングブーツがあって、試着しなくてサイズわかってるS-MX2にした。
型落ちに近いのか、もう型落ちしたのかなかなかサイズのあう在庫が無かったけど、なんとかゲット。

デフォで付いてるプラスチックのトゥスライダーは、家にあるマグのスライダーと交換。


S1000RRで出かけるとき用だね。