初タンデムでちょい乗り

日曜はF800Rでもタンデム具合を確認しに松戸までパスタを食べに市街地をちょい乗り。


出かける前にリヤシートカウルを外すのと、ESA装着じゃ無いからあらかじめリヤプリロードとサスをタンデム用に固めに調整する作業が要るものの、さして時間がかかるわけでも無い。
タイヤのエアは、先日の初回点検で規定圧入れられてると思うので、そのままで問題なし。

R1200GSでのタンデム時と比べると、タンデマーの乗車・降車、発進、停止、乗車したままの取り回しなどなどの各種操作に不安感が少ないのは狙い通り。

F-Rは2500回転あたり以下のトルクが細いのでタンデムだと発進とか、出足はどおかなぁとちょっと危惧してたけど、杞憂だった。

1200ccや1300ccと比べればトルクが細いけど、排気量800ccのバイクがタンデムになった途端致命的にパワー不足とかさすがに無いよね。
ソロの時と同等のキビキビした動きとまでは行かないものの、市街地で交通の流れをリードするのに不足はない。

市街地走行のみだったけど、タンデムに問題ないことも確認出来たし、旅に備えてナビのステーとクレードルをオーダーしようかな...タンクセンターパネルへの穴開け加工とパーツ代がちと高いんだよなぁ(⌒-⌒; )

ラジエーターガード届いた

GWラスト記事かなw

その場所とサイズから、自車のフロントタイヤや前走車のリヤタイヤが撒きあげる小砂利などの異物や、大型の昆虫など色んなものが直撃してコアが潰れまくりそうで恐ろしいラジエーター。

なので、ラジエーターガードを1か月前ぐらいにオーダーしてたんだけど、ようやく納品したので取り付けを。


簡単な作りなので装着作業は簡単なものの、写真右上のビスはF800Rではなんのパーツも装着されず使われていない個所なのでビスがなく、既存のビスを共締めして終了ってわけには行かなかったので、家の工具箱を物色してとりあえずありあわせのビスで固定。

急がないけど、これだけアーレンキーだと整備性が落ちるので、ラジエーター下を固定してるトルクスのビスとナットのセットと同じ部品をデラにオーダーして、同じにしておこう。

とりあえず、1200kmぐらいは走ったけど、気をつけてたのもあってラジエーターのコアはまだ潰れる箇所がないうちにガードが装着出来てよかったわ。


房総ソロショートツーリング

天気も良いし風もないので、起きてふらっと房総に。慣らしも終わったことだし、ちょっと回してやろうかと。

京葉道路と館山道の千葉市内エリアは混んでたけど、空いてるエリアはぬふわ制限が解除されたのもあって、君津までスムーズ。

マザー牧場~もみじロードを経由して大山千枚田に。稲の穂がもう少し伸びた夏場なら緑いっぱいできれいなんだけどね。さすがにまだちょっと早い。
千枚田までは荒れた細い道なんだけど、F800Rなら苦もなく踏み入れる!


朝出る前に、ペチっと折って解放!元気なサウンドの方が乗ってて楽しいね。
s20130505_rx100_0003.jpg

途中で、午後からは家族サービスしようかなという気持ちになったので、ハイウェイオアシスで小休止して、そこからまっすぐ帰宅。
s20130505_rx100_0005.jpg

200キロのショートツーリングだったけど、今日はなんだかこれで満足。F800Rの高回転域は今日は7000回転までは試せたし。

ようやく冬ウェアを脱いで、コンフォートシェルでも出かけれらるいい季節になったなぁ。


写真はDSC-RX100

ラストの慣らしと初回点検

初回点検を3日前倒しに変更してもらって、ODO 810kmからの残りの慣らしを。
予報では朝6時台に雨がある予報だったけど、実際は9時過ぎまで雨が残ったので、正午前に出発。

各種の雨雲チェックで、千葉北部側はあまり降らなかったぽいので、東関道で北に。
京葉道路から東関道に分岐したあたりから、ところどころウェットパッチが出てきて、乾いてない部分が増えてきたので、酒々井SAでお茶して道路の渇きを待つ。


30分ほど時間を潰してる間に空もすっかり青空になったので、再び北上して佐原香取ICまで。あちころウロウロしてから利根川沿いに。
小見川付近は気温16℃で快晴の5月なのにグリヒ最強で走ってた(~_~;)
s20130502_RX100_0003.jpg

s20130502_RX100_0005.jpg

s20130502_RX100_0004.jpg

香取市をあちこち走り回って折り返し。
15時に予約した初回点検に時間・距離ともピッタリに到着。
s20130502_RX100_0006.jpg

2時間ほどで初回点検終了。乗ってて調子悪いところもないし、異常も見受けられずに初回点検メニューを終了して受け渡される。

数回で終わったけど特に高速が厳しかった慣らし走行も終わって、ようやく5000回転縛り・最高速度ぬふわまでの生活から解放!

GW後半のうちに開放された5000回転以上を使ってワインディング走れる機会あるかな~♪

オイル交換memo:ODO 1007 Shell Advance 15W-50、フィルター交換〆

写真は、DSC-RX100


房総慣らしツーリング F800RR?

納車の週の土日はわずか7km走行で終わってしまったけど、今週はその分をとりかえすべく平日の夜走りでまずは250kmまで。
で、昨日は職場のBBQだったので早朝から9時帰宅のタイムリミットまでコツコツ走って485kmまで。

で、ようやく慣らしに1日使える日曜日到来。

とりぼんがつきあってくれるとのことで、いつもより早めの君津8:30集合。途中京葉道路でimopさんと遭遇し、少し話し込んだのでいいタイミングで到着。

とりぼんとは同じ時間にセブンイレブンに到着だった。F800R×2でRR化(笑)


車体周りの違いを目ざとくアチコチチェックしてからスタート。
マザー牧場~もみじロード~しいたけ村~道の駅 三芳村で小休止。

で、安房グリーンラインを上って下って、地滑り地層P着。ポカポカ陽気でウグイス鳴きまくりな、まさにツーリング日よりな気候。
i5IMG_7121.jpg

i5IMG_7124.jpg

i5IMG_7122.jpg

折り返して、168号~89号経由でR127。今日は先頭のとりぼんが船よしを選んだ。
三品定食にした。魚のてんぷら、魚のから揚げ、タタキ、ばらちらし寿司の定食で@1400。
i5IMG_7128.jpg

昼飯食べて県民の森からの林道経由で勝浦ダムに。
i5IMG_7131.jpg

i5IMG_7132.jpg

養老渓谷を経由して、以降とりぼんセレクトの慣らしの距離稼ぎ連れまわしコース(DR-Z SMで走ってた懐かしのコース+初めて走るコースの組み合わせ)で走り回り、昨日の14:00にオープンしたばかりの圏央道 市原鶴舞ICからすぐのサンクス着。
もうハロハロはじめましたの看板あったけど、今日はあまおういちごソフトで。まいう~♪
i5IMG_7134.jpg

サンクスの隣にできた市原鶴舞バスターミナルは、今日から高速バスの乗り入れが開始となった記念でオープニングセレモニー中。
ここから圏央道~アクアラインをつないで、東京駅、羽田空港、横浜に行く高速バスが出るんだとのことだけど、下手するとうちから羽田行くよりも全然早いかも(~_~;)
i5IMG_7135.jpg

このるるぶFREE市原市と、千葉県サイクリングガイドをもらって持ち帰ったけど、家で読んだらどちらも面白かったww
i5IMG_7140.jpg

もう家まですぐのとりぼんとサンクスで解散し、市原鶴舞ICから昨日オープンしたばかりの東金JCTまでの圏央道区間を回って帰ることに。

ほとんどが対面交通区間で、追い越し車線は市原鶴舞IC~東金JCTまでに3か所しかない。けど、路肩は広いよwww

見慣れた館山道ではなく、圏央道の風景を楽しみつつ東金~千葉経由で帰宅。圏央道に乗る前は暑いくらいな気温だったけど、圏央道の新規開通区間はヒンヤリと涼しかった。

距離は木更津周りとさして変わらない感じ。たまにこっち回るのも変化があって楽しいかもね。

14:30頃に帰宅。とりぼんに連れまわしてもらって今日は330km距離を稼ぎ、ODOは800kmを越えた。あと200ぐらいだね。5000回転しばりもw
i5IMG_7142.jpg


F800Rで本格的にワインディングをじっくり走るのは今日が初だったけど、ヒラヒラ感がたまらない。乗り始めた頃は倒れこみが軽く早すぎてドキッとするので、自分がそれを遮ってた感じもあったけど慣れてきた。

それと、ビッグバイクを所有しながらも、ミドルクラスのモタードはDR-Z SM手放してからもずっと欲しいなぁと思ってたけど、実はモタード並みとは言わないながらもかなり軽い車体に、400ccクラスのモタードでは不足と感じてたパワーがプラスされてるこのマシンって、実は自分がモタードに求めてた乗り味を体現してくれてるような感じがした。そんなことを思いながら乗ってた今日1日だった。

とりぼん、つきあってくれてサンキュー(^O^)/


写真は、iPhone5

1200→800ccへのダウンサイジング

2013年モデルのカラーのうち、青白は国内導入が4月に入ってからだったので、契約から1.5か月ぐらい納車待ちしたけど、ようやく本日納車。

R1200GSからF800Rへ排気量2/3のダウンサイジング。

GS乗り換えの理由はほぼ唯一、タンデム時の取り回し不安を解消したいから。

旧型とはなったものの空冷DOHCのR1200GSはほとんど不満のない万能マシンだけど、唯一その巨体ゆえ、身長180cmに満たない自分がライダーでタンデムする場合に、低速走行を強いられる場面や、2名乗車したまま足をついての車体を取り回したりする場面でとっても不安がある。
轍があったり、斜面だったり、土や砂利の足場だったりすると顕著に(汗)

なので、new R1200GSの試乗車が店頭に並び始める前に800Rを高速・市街地と1時間ちょっとじっくり試乗。

一部では、TEBは近い将来new R1200GSに逝くに違いない!的な予想があったけど、そんな予想を覆す形でミドルクラスに鞍替え決定。

new GSも魅力的だけど、財布に大きなインパクトが必ず出るし、取り回しはかなり軽く感じるようになったとのインプレは目にするものの、自分の体格とバイクの車格との関係はほとんど変わらないと思うので。


F800Rチョイスのポイントは

・いざという時の安心装備ABSや、BMWではあたりまえのグリップヒーター装備
・タンデムでの宿泊ツーリングの荷物でも大丈夫な積載性能の確保
・タンデムシートの居住スペース
・家計への新たなインパクトが皆無
・ピキピキのSSレベルではないものの、軽量な車体が生むヒラヒラ感と、取り回しの気楽さ
・出だしや中間加速で不満のないパンチを感じるエンジン
・以前にマイチェン前モデルを試乗して高評価
・趣向として17インチのロードタイヤ構成が好き
・狼の皮を被った羊とか一部ネットで呼ばれてるけど、
 Fシリーズでは800GSと並んで好きなスタイリング
・気になる高速道路の巡航性能も、
 かつてK1200Rオーナーだった経験が生きてか?まぁそこそこ耐えられるレベルww
・今年、価格改定で買値がけっこう下がった
 なのに、日本に導入される車両に装備されるオマケは増えた。
   1.LEDウィンカー(うれしい)
   2.パニアステー(うれしい)
   3.大型ラゲッジキャリア
    (後方に伸びてカッコ悪いから要らないけど、パニア装着には必須なんだって)
   4.センスタ(要らない)
・購入後のランニングへの影響として、車両価格の低下による任意保険額の負担減

大型ラゲッジキャリアはタンデムの機会に付け替えるようにノーマル形状の短いクラブバーも部品渡しで注文(苦笑)

デラの店頭にあった車両にはメッツラーのスポルテック M5が装着されてたけど、4月に入ってきたものはミシュランのパイロットパワー装着だった。

ちなにみ、嫁には納車から帰宅して玄関に到着したところで報告&タンデムポジションチェックw

あすは、仲間内が慣らしツーリングに付き合ってくれると申し出てくれたけどあいにくの雨で断念。

今日の午後に少しでも走ろうと思ってら、家に着いたらポツッと来たので、バリオスコートを念入りにかまして、収納して終了。走行7kmのみorz

一気に慣らし終わるまで走ろうと思ったけど、出鼻くじかれたのもあるしゆっくりじっくり行くかもね。来週もイベントあるし(^_^;)

顔つきは旧R1200GS、F800GS、F700GS、K1200Rと同類で酷似w


とりぼんのモデルと大きく異なるのがこのサイドパネルが追加になったことかな。正直前のデザインが好きなんだけど(-_-;)
s20130420_RX100_0006.jpg

DWAを装着したので、ETCは左サイドのシートカウルにマジックテープで固定する形で。
平坦なベース部分に固定しているのので座りはいい。
s20130420_RX100_0001.jpg

7kmの走行ですら日本導入の標準シートのローシートは苦痛だったので、帰宅後に調達済みのハイシートと早速チェンジ。
s20130420_RX100_0003.jpg

フロントタイヤが蹴り飛ばした異物が色々とエキパイにあたりそうなので、アンダーを装着。
s20130420_RX100_0004.jpg

アクラに。バッフルはまだつけたまま。
s20130420_RX100_0005.jpg

これまで乗ってたGSと同じLEDテールに。
s20130420_RX100_0008.jpg

ODO8kmで受け取って、今日は15kmまで慣らしが進んだ(爆)
s20130420_RX100_0010.jpg

K1200S族車カラー以来の久々の青が入ったバイク.....シートから見える景色もなんか新鮮。
この相棒ともアクシデントなく色んな場所を旅したい。