初タンデムでちょい乗り

日曜はF800Rでもタンデム具合を確認しに松戸までパスタを食べに市街地をちょい乗り。


出かける前にリヤシートカウルを外すのと、ESA装着じゃ無いからあらかじめリヤプリロードとサスをタンデム用に固めに調整する作業が要るものの、さして時間がかかるわけでも無い。
タイヤのエアは、先日の初回点検で規定圧入れられてると思うので、そのままで問題なし。

R1200GSでのタンデム時と比べると、タンデマーの乗車・降車、発進、停止、乗車したままの取り回しなどなどの各種操作に不安感が少ないのは狙い通り。

F-Rは2500回転あたり以下のトルクが細いのでタンデムだと発進とか、出足はどおかなぁとちょっと危惧してたけど、杞憂だった。

1200ccや1300ccと比べればトルクが細いけど、排気量800ccのバイクがタンデムになった途端致命的にパワー不足とかさすがに無いよね。
ソロの時と同等のキビキビした動きとまでは行かないものの、市街地で交通の流れをリードするのに不足はない。

市街地走行のみだったけど、タンデムに問題ないことも確認出来たし、旅に備えてナビのステーとクレードルをオーダーしようかな...タンクセンターパネルへの穴開け加工とパーツ代がちと高いんだよなぁ(⌒-⌒; )
関連記事

Comment

 
やっぱダウンサイジングですかねぇ。
自分は超大艦巨砲なやつにしてから、走ってないとツライ、まるでマグロのような状態なので、必要十分な馬力と小ささは憧れたり(笑)
  • 2013/05/14 22:58
  • チャッキー
  • URL
  • Edit
No title
>チャッキーさん
デカイのは走り出すと余裕があって、走っていればかなり快適ですが、トロトロな時や完全に止まった時は体力要りますよね(⌒-⌒; )
  • 2013/05/15 08:26
  • TEB
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定