リコール対応の無償修理

リコール(国土交通省届出番号:外-1903)の対応のため、デラに車両を持ち込み作業。

リコール内容は、
K1300S、K1300Rにおいて、フロントブレーキのリザーバタンクにスクリーンインサートを取り付けていないので、最高回転付近で長時間連続走行した場合に、車両振動によりフロントブレーキのオイルリザーバータンク内のブレーキ液に気泡が発生して、ブレーキの制動力が低下するというもの。

対応は、フロントブレーキリザーバータンクにスクリーンインサート(スポンジ状の奴)装着。

前に所有してたK1200SかK1300Sの時に、リコールかサービスキャンペーンとして同様の対応してもらった覚えがあったし、確か今のK1300Sは最初からスクリーンインサート入ってたはず.....とか思ってたんだけど、見たら2012モデルは入ってなかった(爆)

ブレーキラインの取り回しの変更と、リザーバタンク周りの形状変更により、このインサート無しでも気泡は発生しなくなったということで、2012モデルはインサート未装着で販売してたんだけど、やっぱり条件によっては発生するので装着するって内容(~_~;)
i5IMG_6563.jpg

空いてると思った火曜日にデラに持ち込んだけど、けっこうな客が入ってた。作業は15分ほどで作業が終了したけど、その間に試乗もできたし、作業後にKで平日の高速散歩もできたのでヨシとしよう。

今日は最高気温8℃の予報だったので、念のため電熱ベスト+アームチャップスのフル装備で出たけど、アームチャップスは必要なかったくらいの暖かさだった。

早く春来いや~。

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定