東北ツアー5(羽黒山)

東北ツアー4日目。当初の予定では今日が帰還日。Uターンラッシュを避けるべく早めに出発してひたすら千葉に向かう予定だったけれど、昨夜、羽黒山があきらめきれないとジタバタする相方の様子に、しかたなく羽黒山に寄り、そのまま帰るのはキツイから、途中で宿を取ってもう一泊して帰ることに(笑)
幸い、昨日の晩のうちに、じゃらんnetで宿は取れた。今日は羽黒山の山道を往復し、それから福島の五色沼まで移動して宿泊することに。
早朝出発の予定が、なんだかんだで9時に(苦笑)、姪&甥のコンビも今朝は起きてて、見送ってくれた。また、今度帰って来たときも遊んでくれ!筋肉痛にならない程度に(爆)
甥&姪


羽黒山
実家から羽黒山までは、県道44・庄内東部広域農道(通称「庄内こばえちゃライン」)で、約1時間。いわゆるスーパー農道だが、羽黒山・月山・湯殿山・山形道に向かうのに使うには空いてるし、ルート的にも都合がいい。

予定通り、1時間ほどで羽黒山:出羽三山神社※リンクは公式サイトで音つき)の登山道入口付近に到着。山寺のように出店もほとんど並んでいないので、駐車場も無料。

駐車場でサンダルから、ソックスをはいてスニーカーに履き替え、大きめのタオルを忘れず持参(山寺での教訓(汗))して、入口に向かう。
↓コレが登山道の入口。山頂までの石段の数は山寺を大きくしのぐ2,446段!ただし、こちらの石段は子供の頃に2度登ったことがあるので、あの山寺の石段と比べたら、なだらかにダラダラと続く感じに違いないと、かすかな記憶から判断して、この段階では余裕。10:30
羽黒山登山道入口

いざ出発。以外にも門をくぐると、下りが続く石段からスタート!これは幸先がいい♪記憶とは違った印象だけど...(汗)最初の下りを下りきったところから、ゆるやかにダラダラと登りが始まる。実は、山寺での苦行のおかげで、足のところどころに筋肉痛があることを、このときにはっきりと意識....上半身の筋肉痛はチビ達のせい(苦笑)
羽黒山山道1

急ではないがダラダラと続く、登りの石段をやや息を切らしながら登っていくと、程なく国宝の五重塔に到着。意外に近かった!
羽黒山五重塔1羽黒山五重塔2

昨年、車で本殿まで行ったときに見れなかったこの五重塔を見ることが、相方の目的だったらしい。相方の目には、意外とこじんまりした様子に映ったらしいが(笑)
じゃぁ、ここで戻ろうかという話には当然ならず(爆)、さらに上を目指すことに。これまでのところ、それほど辛くないし、しかも山頂まで全域杉に覆われて日陰のはずというのがわかっていたので安心!

......と、思った矢先、五重塔までの道は言わば序の口であることが判明!ここを過ぎたところから、一気に起伏が激しくなり、石段の角度も振り返るのも怖いほど急なところすら出てくる。しかも......どこまで続くのか先すら見えない急坂も(大汗)
羽黒山山道2羽黒山山道3

羽黒山山道4羽黒山山道5

ようやく目線の先に、小さく「氷」ののれんの文字が見え、それを支えにだましだまし頑張って、ようやく腰を下ろして茶屋にて休憩!
アゴから地面に落ち続ける玉の汗と、収まらない荒い息、そんですでにぐっしょりの綿100%Tシャツとタオル!子供のころの記憶がいかにあいまいなものかを今更ながら強く実感!もっとしっかり覚えてさえいたら絶対登山には反対したのに(爆)
羽黒山山道6羽黒山茶屋

お店の方の勧めでカキ氷を食べつつ話を聞くと、茶屋は全石段の中間ぐらいで、一の坂・二の坂・三の坂とある急坂のうち、2番目の坂の途中にあるとのこと。げぇ、まだ半分かぁ!絶句.....

茶屋では必要以上に多めに休憩を取り、再び重い足取り(&体)で、上を目指す。二の坂の途中からスタートだから、いきなり急坂。
羽黒山山道8

この後の三の坂では、数段登っては、膝に手をついて下向いてゼェゼェを繰り返し、声も出ない。とっくにギブアップした心でどうにか進んでいく。

やっと、やっと、山頂から去年見えた覚えがある「斎館」を発見。ゴールは近いはず!(最後にも心臓破りの丘みたいなのがあったけど)
羽黒山斎館

斎館からも一行にペースは上がらないものの、休み休み登り続けて、山頂の鳥居を発見。
↓うれしさと疲労のあまり、手ぶれ(爆)
羽黒山山頂

12:30到着♪羽黒山、恐るべし!↓右が本殿
出羽三山神社本殿出羽三山神社本殿2

MAPには、登り50~60分、下り30~60分とあるが、自分たちは2時間掛かった。斎館の場所は実際には変更になってる様子。
この道を...山伏の人たちは休憩すらしないんだろうなぁ。
羽黒山MAP


山頂は去年も来たし、座れる場所があまりなく、日陰も少ない。
やっと見つけた風通しのよい日陰で休み、今更ながら厄年なので、厄除けのお守りを買い(汗)少しブラブラして下山することに。
羽黒山シンボル


下りはストップウォッチを押して、時間を計りながら降りることに。急な石段で、しかも傾斜がついてたりするので、心肺的には楽だけれど、気は抜けない。しかも一~三の坂は急で、踏み外したら大怪我っぽいので、怖い(汗)

さっきの茶屋で再び休憩。自分は同じ店で本日2度目のカキ氷を(笑)

休憩も済み、ひたすら進む。行きで喜んだ最初の下り坂が、最後の最後に大難所になったものの、ゴールが見えるのでなんとか頑張り、ようやく出発地点の門まで到着。13:30 下りも休憩込みで1時間...

写真はないけど、服を着たまま風呂入ったような状態。

予想より、大分長居してしまった。ここから、急いで着替え支度して、五色沼を目指さないといけない(汗)

途中でUターンラッシュの渋滞してないといいなぁ.....
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)