[デジタルカメラ]X100にAcruストラップ

X100のノーマルストラップはしょぼいので、ストラップ交換してちょいドレスアップ。ほんとは2本目(~_~;)

最初に付けたARTISAN&ARTISTのACAM-200は、アイレットに丸型リングで直接装着するタイプのストラップ。
アイレットに装着する純正の三角リングを取って、丸リング付属のストラップを直接アイレットに装着するオールドカメラではおなじみの奴だけど、ストラップがカメラより下に垂れた状態だと丸リングがボディに触れるのを防止する革パットが折れ曲がるし、ストラップ自体も厚みがあってメチャ硬いし、丈夫そうな割には縫製部分の品質がイマイチで端側が微妙に緩くて張り合わせてあるボンド跡が見えるあたりが気に入らなくてチェンジ(苦笑)

Acruのカシェ・スタンダードにした。
こちらは純正の三角リングにも装着可能で、カメラに当たる可能性がある金属パーツは全て革で隠され、ストラップ裏面は防水加工されてるし、なにより使い始めから柔らかくて良い感じ。
アイレットとの取付方法も、個人的には三角リングを介して装着するこちらのタイプの方が好きだわw


ちょいゴテッとしてるところがストラップの長さ調整の金属バックルがあるところだけど、革でカバーされる構造。
xz1PB130416.jpg


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定