[デジタルカメラ]X100試し撮り1

FUJIFILM Finepix X100を抱えて試し撮り。

OVFとEVFを試しつつ、やっぱ最初はEVFの方がフレーミングとライブビューで設定の状況がほぼリアルタイムに確認できるからいいかなぁと思いつつ、OVFを覗いた時の明るいファインダー像もなかなかいい感じ。片方ばっか使わないように今度も両方使ってみよう。

OVFとEVFと切り変えつつ、たまに背面液晶でも撮影結果を確認したりして250枚ぐらいでバッテリーが目減りした表記。そこから赤点滅表記のバッテリーピンチまでは早かったな(~_~;)
SONYのインフォリチウムみたいに残を%で表示してくれると良いんだけどね....

X100の雑誌記事やオーナーのレビューの通り、F2.0でマクロ撮影した時の独特の柔らかい滲みが、F2.8やF4.0に絞った時に少し絞った時にシャキッとした絵になる変化は確かに楽しめる♪

フィルムシミュレーションでプロビア(standard)、ベルビア(vivid)、アスティナ(soft)は、アスティナがソフトには見えなかったけど、他社の画像モードほどの大きな変化はないと感じた。


F4.0

x100DSCF0008.jpg
F4.0

x100DSCF0011.jpg
F2.0

x100DSCF0031.jpg
F2.8

x100DSCF0038.jpg
F4.0

同じ赤い薔薇を絞りを変えて
x100DSCF0074.jpg
F2.0

x100DSCF0073.jpg
F2.8

x100DSCF0075.jpg
F4.0

x100DSCF0076.jpg
F5.6

x100DSCF0117.jpg
F2.8

x100DSCF0140.jpg
F4.0

x100DSCF0200.jpg
F2.8 ISO1250

x100DSCF0211.jpg
F2.0

x100DSCF0215.jpg
F2.0

x100DSCF0266.jpg
F2.8

x100DSCF0279.jpg
F2.0

x100DSCF0281.jpg
F4.0

x100DSCF0285.jpg
F2.0

今回は近くにある被写体を多く載せたので、絞りは開け気味で。
NEXに追加したマクロレンズ E 30mm F3.5ほどは当然近づけないけど、マクロ撮影がなかなか楽しい♪


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定