スイス旅行(7) シュテッヒュルベルク~シルトホルン展望台

3日目朝。快晴。

ホテルの部屋の窓から雲の中から覗くユングフラウの山頂が見えた。


ホテルの向かいにある公園にはひっきりなしにパラシュートが降りてくる。
s20170713_080940.jpg

朝飯。ちょっとだけ控えめにw
s20170713_050837.jpg

この日は、今回の旅で3つ訪れるスイスの名峰の最初アイガー、メンヒ、ユングフラウ三山を観るコース。

インターラーケンの宿からシュテッヒュルベルクまでバスで向かう途中の車窓からの風景。素晴らしい。
s20170713_084248.jpg

s20170713_084424.jpg

s20170713_084456.jpg

s20170713_084616.jpg

向かうシルトホルン展望台はかつて007の舞台になってから有名になったらしい。
この頃のは見てないから、自分は知らなかったけどw
s20170713_085424.jpg

晴れていれば、アイガー、メンヒ、ユングフラウの三山の絶景が見えるはずだけど、さてさて。
s20170713_085436.jpg

ロープウェイを乗り継ぐたびにぐんぐん高度を上げていき
s20170713_093140.jpg

標高2,970mのシルトホルン展望台ピッツグロリアに到着。残念ながら、雲が多くユングフラウ三山の姿は見えない。
s20170713_095032.jpg

順調に来てるので、時間は当初の予定よりも長めにとれるということなので、雲が切れるのを待ちながらピッツグロリアの中を見学。

BOND WORLD 007でボンドごっこw
s20170713_101446.jpg

s20170713_100204.jpg

s20170713_100520.jpg

s20170713_100540.jpg

s20170713_100810.jpg

トイレのドアまで007色
s20170713_101536.jpg

s20170713_101420.jpg

s20170713_101410.jpg

ピッツグロリアの外に。急いで動いたり、しゃがんだりすると心臓バクバクな標高約3,000mの世界
s20170713_103116.jpg

s20170713_103454.jpg

s20170713_104134.jpg

s20170713_105728.jpg

s20170713_110754.jpg

残念ながらアイガー、メンヒ、ユングフラウの三山揃い踏みは見られなかったけど、帰りのロープウェイに乗ってるとユングフラウは顔を出した。
s20170713_114504.jpg

s20170713_114614.jpg

s20170713_114654-1.jpg

s20170713_115256.jpg

s20170713_115540.jpg

s20170713_120434.jpg

s20170713_120940.jpg

新婚旅行の時は、登山鉄道でユングフラウヨッホを見学するコースだったけど、季節外れの雪でアイガー北壁もユングフラウも全く見えなかったから、それよりはマシだったけど、ユングフラウ地方とは相性が悪いようだw

自然が相手だし、添乗員さんによると、スイスで展望台を観光するツアーだと、すべての展望台が見られる確率は30~50%程度ということだったので、だいたい半分以上は天候不良で見られない可能性が高いということなので、気を取り直して次の展望台に期待。

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定