忘年会ツーリング(初日)

自分企画の忘年会を兼ねた年内最後の宿泊ツーリング。

前週には関東の平野部にも積雪があったので、安全を見て当初の予定ルートからは大幅にルート変更はしたものの、この週末は予報では2日間とも好天で暖かいとの事で、1週間ずれてて助かった。

8:30に足柄SA集合。
保土ヶ谷BP経由ではなく首都高から直行したら流れがスムーズだったこともあって1時間前に着いたw
さほど寒くはなかったけど、足柄エリアでは外気温センサーが2℃とか表示してて一気に体が冷えた。

富士山がくっきり見える好天。

s20161203_072226.jpg

続々と集まるメンバー。
濁河温泉で結成した星空ブラザーズの片割れが、「K1300Sに乗り続ける会」の誓いを早々に裏切って、さっそく乗り換えるに至った経緯の話で大いに盛り上がるwww

急ぐ旅ではないけど、集合時間ちょい過ぎに自然に出発準備となった。

新東名で長泉沼津まで。新東名だとほんとにあっという間に感じる。伊豆縦貫でR1まで進んで、そこのセルフで給油。

伊豆縦貫に復帰して、終点→久々にいちごプラザで休憩。今回はBMWが5台にDUCATIが1台の計6台構成。

s20161203_092847.jpg

いちご大福を。

s20161203_093201.jpg

伊豆中央道の長岡ICで降りて、三津から海に出る。
富士山をチラ見しながら海岸線を走り、西浦から達磨山に。
夜間は霜が出たのか路面は所々ウェットだけど、相変わらず気持ちの良いワインディング。

西伊豆スカイラインには向かわず戸田港に降り、そこから土肥までの海沿いのダイナミックなワインディングを楽しむ。
路面の荒れは相変わらずだけど、路面の状態はほぼ全面ドライで山間部よりずっと良かった。

土肥の海沿いのセブンで休憩。
12月のツーリングで贅沢だけど、冬装備のウェアを着てワインディングで体を動かしたので、かなり暑かったwwww

s20161203_103613.jpg

再び海岸線を進んで、松崎まで。
開店直前に目的の店に到着。ツーリングマップでおすすめになっていた「地さかな料理さくら」
s20161203_112706.jpg

ところてんが食い放題。酸っぱいやつと甘い奴を両方食べてみた。子供のころは大嫌いだったんだよな、ところてん。

小鉢、ミニサラダ、天ぷらが出て、最後にメインの鯵まご茶漬け。

窯で炊いたご飯に、別の器で鯵のたたきが提供される。

1杯目はご飯の半分を器に盛り、鯵のたたきを半分乗せて、にんいく醤油で味付けして食べる。イケる。

s20161203_122023.jpg

2杯目は、残りのご飯半分を器に入れて、鯵のたたきも残り半分を乗せ、店でだし汁を注いでもらって茶漬けで食べる。

s20161203_122751.jpg

小皿、備え付けの梅酢で味付けするミニサラダ、明日葉と玉ねぎの天ぷらはどぉってことなかったというか苦手系の味付けだったけど、メインの鯵まご茶漬けはうまかった。
小さめの丼とは言え、メインは丼で2バッチなのでボリューム満点で満腹。

食後は宇久須まで来た道を引き返して、そこから仁科峠のまきばの家に向かって登っていく。

ヘアピンの多い細い舗装林道区間が多いけど、この手のヘアピンを要する登りの林道区間を実は新型ムルティは苦手にしている。
可変バルブDVTの採用で低速トルクはかつてのDucatiとは一線を画すレベルと謳われてるけど、それは対Ducatiではという事であって、空水冷ボクサーやK1300Sと比べたら、低速トルクは無いに等しく、まるでマイルドな2スト。
3000~5000回転域で、条件によってアクセル開けてもレスポンスせずかぶったような感じで愚図るところも、かつて乗ってた2ストを彷彿とさせる。
BMW各車がセカンドで楽々走るヘアピンを、ムルティはロー使わないと登らないし(苦笑)

この日はローでヘアピンを回った後のアクセルワイドオープンで、一瞬かぶったかのように愚図った後に、いきなり猛レスポンスしてしてれたもんだから、クラッチ使った訳でもないのに意図せず小ウィリーを見せてくれて大いに焦る(;'∀')

まきばの家はバイクに人気だったけど素通り → 仁科峠の路面に切ってある縦溝は路面の冷えた冬場だとグリップがやや気になるね。

西伊豆スカイラインを登る。登り区間は日向が多いのでほぼドライ。ちょうど富士山に雲が掛かったので、頂上付近で停車せずにそのまま下り区間に。
下り区間は日陰ソーンなので、路面がウェット。凍結箇所が混じってたら嫌なのでペースダウンでやり過ごす。

達磨山Pはバイクを停める場所にも迷うぐらいの大賑わい。
西伊豆スカを走ってる時はちょうど雲に隠れた富士山が綺麗に顔を出してた。

s20161203_134429.jpg

s20161203_134620.jpg

s20161203_134914.jpg

ローディーの年配のおじさんが集合写真を撮ってくれたけど、露出的に富士山は厳しいかな。shuuさんがアップしてくれる写真が楽しみだw

伊豆中央道~伊豆縦貫~R1で朝と同じGSで給油して、やまなみ林道に。
落ち葉は想定内だったけど、生い茂るサイドの草が枯れて道幅が広く使えるドライなら問題無しと踏んでルートに入れたのだけれど、踏み入ったら、3つ目ぐらいのコーナーでいきなり濡れた落ち葉にフロントを取られて軽く心が折れる。

引き返さずに進むものの、ウェット区間が思ってたよりだ多くて、道幅全体が濡れ落ちがという箇所が多くて汗をかきながら進む。

2度目のフロントスリップでポッキリ心が折れたので、そこからはさらにペースダウンして進むwww
やまなみ林道ってこんなに長かったっけ???ってくらい条件の悪いやまなみ林道は長かった(;´Д`)

なんとかみな無事に走り切ったの図

s20161203_151647.jpg

宿まではあと少し。
気を取り直してスカイライン方面に上り、スカイラインを横切って湖尻から数分走って3:45ぐらいに仙石原の宿に到着。
みな無事、かつ最後のやまなみ林道で適度な苦行感がスパイスになって走った感倍増で良かったかなwww

まずは風呂 → 部屋で晩飯までビールからの晩飯

7名というそこそこ大所帯なので貸し切りスペース的な場所を準備してくれた。

食前酒が付いてたけど、生ビールで乾杯 → 鯨波の純米酒 → シャブリ → 黒霧島で晩飯の料理を楽しむ。
酒を飲んでるので気を使ってくれたのか、〆の飯とデザートがなかなか提供されず、他の客がとっくに食事を終えてるのにうちらだけ居残ってワイワイやってたけど、ご飯とデザートを出してもらって撤収。

s20161203_180410.jpg

s20161203_180415.jpg

s20161203_180421.jpg

s20161203_180425.jpg

s20161203_181636.jpg

s20161203_180500.jpg

s20161203_182143.jpg

s20161203_182558.jpg

s20161203_184106.jpg

s20161203_194450.jpg

飯後にすーくん、shuuさんと風呂って、部屋に戻り黒霧の残りで2次会。

晩飯時も結構飲んだけど、寝落ちしたすーくん以外は2次会も健在で、鬼平犯科帳の最終回を見ながら22時前ぐらいまでは粘って就寝。

翌朝へと続く。
関連記事

Comment

天気良し宿良しコース良しで最高の宿泊ツーでした(^^)/
やまなみ林道だけは確かに「こんなに長かったっけ」と思った(苦笑)
  • 2016/12/06 10:31
  • しゅう
  • URL
>しゅうさん
お疲れ様でした。
12月に寒い思いもせず、走れてラッキーでしたね。
やまなみ林道はルートは、初日の朝イチに裾野からイチコクに向かって走る案も考えたのですが、やめといて良かったwww
  • 2016/12/06 10:40
  • TEB
  • URL
  • Edit
目まぐるしく変化する状況で、ヘタレな私でも無事に走りきれたのは、やはりKのおかげだと思う。
よって、暫く買い換えはないかな( ̄▽ ̄)
  • 2016/12/06 20:14
  • ぱぱ
  • URL
>ぱぱさん
お疲れでした。
Kに乗ってるときは、Kのおかげだなぁと確かに何度も思ったけど、乗り換えたら乗り換えたでなんとかなるもんなんだよ、不思議とw

  • 2016/12/06 20:47
  • TEB
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定