本格シーズン前にぷちフェイスリフト

高速には乗らないから良いものの、どんより天気で3月も終わりだというのに真冬の恰好で松戸のデラまで。
気温1桁だもんな....

パーツ交換の間に、店内に鎮座しているPIKES PEAKの試乗車の横のテーブルで待つw
s20160326_100822.jpg

s20160326_101829.jpg

前後OHLINSは魅力的だけど、軽さ優先でセミアクティブサスは非搭載だそう。
このサイドが赤塗装で真ん中がカーボン柄のフロントフェンダーほすい(;´・ω・)

センスタや、タンデムステップのパニア受けをはじめとした1200Sに標準で付いてる旅装備が外され、加えて各所のパーツがカーボンパーツに代わって計4kgの軽量化。
たった4kgなれど、フロント回りが軽くなってるから乗り味はだいぶ違うらしい。今日は試乗は止めといたw
セミアクティブサスは絶品の乗り心地だけど、アクティブサス無しのOHLINSがどんな乗り味か少し気にはなるけど、まぁ買以下得られないしね(^^;)

白ムルティSを購入した方の納車の様子を眺めたり、早めの昼を済ませたりして過ごし、作業完了。
自分で簡単に交換できるパーツも一緒にお願いしてしまった。
あと、サイドスタンドの強度不足のリコールの対象だったので、サイドスタンドも一緒に交換済み。
ドカではアドベンチャーモデルにあたるムルティだけど、今回交換したスタンドであっても、サイドスタンドで駐車した状態から、ステップに乗ってまたいで乗りこむ乗車方法は止めといた方が良いとのこと。

フットペグは、純正ペグのゴムラバーを外して乗ってたけど、キザギザがやさしい感じなのでヌルっと滑る感じがしてたので交換。
R1200GSの時に使ってたTOURATECHのとそっくり。
それもそのはず、DUCATI PERFORMANCEパーツだけどTOURATECH製。
s20160326_124356.jpg

s20160326_122100.jpg

パッと見は少ししか変わらな。


BEFORE(石は防げるけど、格子の空きが大きい)
s20151004_165458.jpg

AFTERはオイルクーラーコアガード+ラジエーターコアガード。
ラジエーターコアガードは思ってたよりはシックで目立たず良かった。やたら金ピカ過ぎるのはちょっと....なので。
むしろ、純正オプションのガード装着してた時より、ラジエーターの存在感が無くなった感じかも。
s20160326_124443.jpg

ムルティの顔だと、オイルクーラーガードは黒の方が良いかなぁ。金歯でニカッとした感じの顔にwww
s20160326_124824.jpg

これで、前方から甲殻類、ちょう、トンボなどの大き目の虫のアタックを受けても、安心かな。

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定