さらばRoadstar

バーハンで振り回しやすいし、軽く小さな車体は峠道で楽しそう....
そんなイメージでここ数年、2台のうち1台はネイキッドを選んで来た。確かに峠では楽しいし、構えず乗り出せるお気楽感も味わえるし、何より乗車ポジションが楽で距離を走っても疲れない。

ただし、「高速を除く」だったんだよなぁ、自分の場合やっぱり。

高速で風圧を浴び続けるのがやっぱり嫌いなので、いずれのロードスターも近場スペシャルな感じに。
時に、その房総に出るレベルの距離の高速走行ですら億劫に感じることもあったりして。



そんな迷走に終止符を打つことにした。

F800R、690 DUKE Rに乗ってた時に高速が辛いのは風圧もさることながら、パワーが少々不足してるせい?とか思ったんだけど、S1000Rに乗ってみて、パワーはあってもあっても、ネイキッドでの高速はやっぱ辛いなというのが身に染みた。
飛ばせばメットにも風圧がモロで視野的なリスクも増える。

家から乗り出してすぐに峠みたいな住宅事情ならまた話が違うのかも知れないけど、我が家からだどどこに走りに出かけるのでも高速走行は欠かせないからなぁ。。。

バイクらしい雰囲気を楽しみながら、景色も楽しみつつゆったりと走る...そんな趣向になることがあれば、再考の機会があるかも知れないけれど、今は風圧を苦にせず遠出にも連れ出せる方がいいって気持ちなので。

さらば、S1000R。さらばRoadstar。

s20160212_101321.jpg

s20150430_104824.jpg

s20131102_rx100m2_0007.jpg



関連記事

Comment

Comment Form
公開設定