帰省は結果C600Sのラストランに

帰省の前日にGSにトップケースを装着してもらったものの、結局帰省してからの行動重視でC600で行くことに。
荷物の積載量もトップケースを拡張した状態のGSよりも若干多めに入った。

GW後半の初日なので、4:30には自宅を出発。いつものように常磐道~磐越道経由で進み、阿武隈SAで給油。
東北道合流後は郡山から国見あたりまでダラダラと所々渋滞が発生していた。

山形道に入ってからSAで遅めの朝食。

そして月山新道ルートで自宅に向かう。月山新道のエリアはまだまだ山肌が見えない残雪が。


i5sIMG_2312.jpg

出羽三山も鳥海山も綺麗に見える日だった。
i5sIMG_2320.jpg

i5sIMG_2325.jpg

で、自宅まであと数百mのセルフで給油が終わったところで、見慣れない番号から電話が掛かってきて、出たら病院からだった。
急ぎ自宅に戻ると、着替えだけして即車に乗り換え病院に急行。

自分と、遅れて到着した妹の家族、そして関わりの深かった親戚の面々が病室に到着するまで待っていたかのような感じだった。
なんとかぎりぎり最期には間に合ったけど、なんとも悲しい帰省になってしまった。

それからは悲しむ間もない怒涛の日々を送り、実家で9日間を過ごし、9日目の午後遅くに鳥海山に見送られつつ出発し、夜に千葉に戻って来た。
i5sIMG_2341.jpg

帰り道でも今後のこととかずっと考えながら走ってたけど、当分の間はちょくちょく帰省する必要もあるのが確定してるし、そうなると自宅にバイクを2台置いてても交互に乗るというのも厳しいかなと。

それと、故人が残した数々のモノ達のことを思うと、自身の身は1つで、時間も限られるのに、好きとは言え同じ用途のものをいくつも持ってもしょうがないだろうという強い思いがあった。
その思いが、自身の身辺にあるモノについても整理しようという気持ちになるきっかけにもなった。自分にも同じ血が流れてる訳だし、抑えが効かなくなるまえに、身の丈にあった生活にしないといけないなと。

冬にはシートヒーターと可変スクリーンなどで暖かくて良かったけど、気楽に乗り出せるこれからの季節がタンデムとかでも活躍の場面が多いかなぁと思ってて、しかも今回の往復1000キロの旅でも思ってた以上の旅力を発揮してたC600 SPORT。けっこう気に入ってたんだけど。。。バイクは1台にすることに決めてドナドナすることに。

ということで、今回の1000キロツーがラストランということに。わずか半年で3000キロ強の付き合いだったけど....すまん、さらば。



関連記事

Comment

いろいろと大変でしたね。
お父様のご冥福をお祈り致します。
  • 2014/05/18 21:25
  • 風雷
  • URL
No title
>風雷さん
ありがとうございます。親不孝長男で難題多数ですがなんとか考えたいと思いますm(_ _)m
  • 2014/05/18 21:55
  • TEB
  • URL
  • Edit
落ち着いたら走りに行こう。
俺のマシンいつになるかわからないけど( ;´Д`)
  • 2014/05/19 16:06
  • とりうみ
  • URL
  • Edit
No title
>とりぼん
どっちが先か。。。(^^;;
  • 2014/05/19 16:07
  • TEB
  • URL
  • Edit
一度乗ってみたかった(^∇^)
  • 2014/05/20 08:12
  • ぱぱ
  • URL
No title
>ぱぱさん
一緒に走る機会があれば、乗ってもらえたのにね~_~;
  • 2014/05/23 12:31
  • TEB
  • URL
  • Edit
寂しい話ですね
私は昨年末R1200RTからC600Sに乗り換えて、やっと2000kmです。C600S関係のブログ探していたらこちらにたどり着きました。仙台に住んでいます。C600S手放されて残念です。昔Z2に乗っていた父の七回忌も先日終わったところで、何か感じるものがあってブログ読ませていただきました。綺麗な写真の撮られますね。また機会がありましたら寄らせていただきます。
  • 2014/06/10 00:56
  • とむす
  • URL
No title
>とむすさん
訪問ありがとうございました。c600についてのblogってなかなか数が無いですよね。
blogに書いたように、気に入ってたのですが私は手放すことになりました。
何度か帰省してる事もあって、葬儀以降は、バイク乗れて無いです。
また機会があれば、こんなblogで良ければお立ち寄りください。
  • 2014/06/10 07:23
  • TEB
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定