スイス旅行(13) 氷河特急全線制覇 ツェルマット~サンモリッツ

5日目の旅程は簡単。
世界一遅い特急電車、氷河特急に乗り、全区間制覇でツェルマットからサンモリッツまでの8時間の列車の旅と言うやや乱暴な旅程ww

駅までの徒歩区間も名残惜しみながらマッターホルンの写真を撮りながら歩く。
s20170715_080254.jpg

s20170715_080836.jpg

s20170715_081358.jpg

これが乗る氷河特急
s20170715_082504.jpg

s20170715_082438.jpg

出発。

氷河特急という名前だけど、氷河を見ながら走る区間は無いよw
s20170715_090326.jpg

s20170715_110714.jpg

s20170715_113544.jpg

列車に乗ってるだけなので、この日も午前中からさっそく飲んでるけど、昼タイムになった。
s20170715_114154.jpg

s20170715_114206.jpg

s20170715_115818.jpg

s20170715_120450.jpg

R1200GSのタンデマーが氷河特急の写真を撮ってから走り出したので、逆撮り。それにしても気持ちよさそうだ。
s20170715_121142.jpg

s20170715_121226.jpg

上面もガラス張りなので、エアコンは効いてる車内だけど、日焼けしそうなので帽子をかぶって乗ってたwww
s20170715_123336.jpg

s20170715_124126.jpg

途中2度外に出られる少し長めの停車時間があった。
s20170715_130856.jpg

スイスのグランドキャニオンと呼ばれてるらしい。。。。。ちょっと規模が違いすぎるけどww
s20170715_140840.jpg

s20170715_143940.jpg

s20170715_144210.jpg

s20170715_152148.jpg

そして氷河特急最大の見どころランドバッサー橋が近づいて来た。

橋を見る座席のおすすめは右サイトなので、ツアー参加者は抽選で席決めとなったものの、我らは3人チームなので、左サイドで勘弁してくださいと乗り込む前に説明されていたのだけれど....

本来は2度スイッチバックするはずだったのに、なぜか1度しかスイッチバックしなかったので、向きが1回しか逆にならず左サイドだったはずの座席が右サイドになるというラッキーがww

橋の手前でなんどか撮影の練習するものの、窓の開かない車内からなので窓の反射が(;´・ω・)

それと揺れも。。。
s20170715_155620-1.jpg

s20170715_155732-1.jpg

s20170715_155736-1.jpg

そして本チャン。
OM-D E-M1mk2の連写性能にモノを言わせて撮影www
s20170715_155808-2.jpg

s20170715_155810-4.jpg

s20170715_155812-6.jpg

s20170715_155818-3.jpg

s20170715_155822-2.jpg

s20170715_155826-6.jpg

s20170715_155832-1.jpg

最後まで粘るw
s20170715_155838-4.jpg

そして、無事にチャレンジは終わった。

s20170715_162532.jpg

s20170715_163222-1.jpg

ランドバッサー橋から終点のサンモリッツまでは近くて、あっさり到着。

8時間は退屈するかな?と思ってた列車の旅もあんがい飽きずに楽しめた。

サンモリッツは湖畔に隣接した清々しい感じの街だ。
s20170715_170854_20170805225646e80.jpg

s20170715_170902_20170805225648028.jpg


スイス旅行(12) マッターホルン見納め

5日目朝、快晴は続いている。

今朝も早朝のマッターホルンが見たくて、6時前から早起き。
その早起きに答えるかのように雲がない空にくっきりとマッターホルンが姿を現してた。
s20170715_054612.jpg

山頂に朝日があたり始めた時の神々しさ。
s20170715_055054.jpg

s20170715_055400.jpg

s20170715_060158.jpg

s20170715_060852.jpg

s20170715_061516.jpg

s20170715_064300.jpg

荷物出しをして出発する間際まで部屋の窓からじっくり堪能できた。

ずっと見続けていても飽きないって富士山を見てる時に通じるね。

スイス旅行(11) ツェルマット散策

ピッツグロリアから下山して、ツェルマットの駅で解散→あとは寝るまで自由行動タイム。

ねずみ返しが残る古い街並みを通って、一旦ホテルに荷物を減らしに。
s20170714_122650.jpg

s20170714_123520.jpg

s20170714_123610.jpg

s20170714_123918.jpg

s20170714_124150.jpg

マッターホルンを肴に部屋で昼ビー
s20170714_135422.jpg

s20170714_135916.jpg

洗濯などして、夕刻までまったりしてからホテルを出発。

↓これがホテル
s20170714_151958.jpg

この旅初の猫と遭遇。宿泊者たちの人気者らしく、白人の2人組に方に乗せられて連れ去られたw
s20170714_152050.jpg

スイス料理に飽きが来てるかみさんと義父に和食をねだられるも、タイミングが合わず台湾料理の店にw
s20170714_164636.jpg

5時に目抜き通りを山羊の集団が通過するイベント
s20170714_170530.jpg

s20170714_173100.jpg

s20170714_174404.jpg

s20170714_173750.jpg

s20170714_174300.jpg

s20170714_175044.jpg

s20170714_175300.jpg

s20170714_175358.jpg