佐野元春のライブに...それと報告あり

だいぶ前にプレオーダーに応募ておいたら抽選に当選した佐野元春 & THE COYOTE BANDの秋ツアーの、渋谷公会堂初日ライブに行ってきた。

往年のヒット曲に交え、アルバムCOYOTEとZOOEYからも、数曲ずつ。
それと来年発売を計画してるアルバムに収録予定の曲も2曲を交えた計2時間半のステージ。

渋谷公会堂での公演は初のとなるVISITORSツアーでの公演からちょうど30年目で、かつステージ回数が今夜で20回目というキリ番だと報告が。

来年はデビュー35周年に当たるので、今、来年発売予定のアルバムを製作中と言うことなので、来年もアルバムを買って、機会があれば3年連続でライブにも行きたいなと。

ちなみに自分が元春ファンになったのはナイヤガラトライアングルVol.2(1982)からなので、ファン歴は33年ぐらいかな。

    :
    :
    :
    :

それと、今日のライブとは無関係だけど、この記事を区切りに、私的事情により当blogの新規記事掲載を早くても年明けまで。長ければ来年の春頃かそれ以降まで休止することにしました。

ここ数年書いてるアニアルレポート的な記事だけはこの年末に書くかも知れないけど、通常記事はしばらく休んでから、いつか再開します。

再開の暁には、つたないblogですが、時間があるときにでもまた覗きに来てやってくださいm(_ _)m

では、しばしのお別れです。










DUKEにもHELLAソケットを増設

690DUKE Rにも、手持ちで余ってたhellaメスソケットを増設。

納車時に、メーター横に純正のhellaソケットを装着してもらったけど、エンジン停止時にそのまま充電器を接続しても、充電インジケーターが赤に点滅して手持ちの充電器は3つともそんなで充電できなかった。
BMWのCAN-BUS車みたいに、純正のソケットはACCがONの状態のうちにつながないといけないとかそんな仕組かも知れない。
それだとトリクル充電器との相性も悪そうなので、手っ取り早いバッテリー直結のを追加。

バッテリーがタンデムシート下に顔出してるから作業は楽だったけど、バッテリー端子のビスがトルクスでちょっと面食らった。
充電目的だけなので、タンデムシート下にに固定せずにそのままぶらぶら配置。

懐かしのBMW純正充電器での充電を確認w
2014121414421953a.jpg

GSにHELLAソケット増設

電熱ベストは、暖かさの代わりになんか体内の水分を持っていかれる感じがして、のぼせたようなというか、コタツ寝した後のような体調になるので、それが嫌で使わなくなったから友人にあげた。
乗降車時のソケットの脱着も面倒に感じてたし。

なので、増設の電源のソケットは必須ではないんだけど、充電用に。

メーター右下のソケットは、電源ONの状態のまま充電器を繋ぐとそこから最初のフル充電までは充電してくれるらしいけど、それだとある程度の距離を走り終えた直後のバッテリーが健全な状態で繋いでバイクをしまう方法だとさして効果がないし、乗る前の日とかに繋がないといけない。

なので、やろうと思えば手持ちのトリクル充電器で繋ぎっぱなしでも使えるように、バッテリー直結のソケットを増設。


これで冬場も安心。

e-HEAT電熱グローブ

DUKEへのグリップヒーター装着をあれこれ考えるのが億劫になったので、買ってみた。RSタイチのe-HEAT電熱グローブ。


電源入れるとすぐに暖かくなってびっくり!(◎_◎;)

ハイパワーモードだと2時間しか持たないけど、エコノミーモードだと4時間持つらしいので、不要な時にはOFFにしとけば、なんとか1日いけるかな。

まあ、グリヒの方が便利なのは重々承知の上だけどね。
寒い日の朝イチの始動を見る限り、車両のバッテリー容量も小さそうだし。

アクラのバッフルを...2

DUKEに続いて、こちらも勢いで外した。

バッフル付けてる状態でも、そこそこ迫力ある音がするので、外さなくてもいいかなと思ってたけど、なんとなくw

before


after


外したバッフルはこんな小ささ。



エンジン始動してみたけど、外す前よりやや音が大きくなった程度かな。
動かしてないし吹かしてもないので、それは今度乗った時に。

車検のために再度付ける時にビスをセットするのに集中力が必要そうだ。
うっかり中に落としたらサイレンサー外して取らないと。






観光ツー?

観光ツーリングにw

鋸山の日本寺の大仏を見学。
s6pIMG_4105.jpg

s6pIMG_4115.jpg

s6pIMG_4126.jpg

s6pIMG_4122.jpg

願掛けしたいことがるので、この地蔵を使ってお願いを。
s6pIMG_4130.jpg

昼は、ばんやで
s6pIMG_4131.jpg

s6pIMG_4133.jpg

s6pIMG_4139.jpg

あぜ道にて
s6pIMG_4141.jpg

この後、天気が怪しくなったので、逃げ帰るw


今年9回目の帰省

親戚に不幸があり、葬儀には参列できなかったので四十九日と納骨の法要には参加しようと帰省。
9回中7回は車で帰ってるけど、疲れるね。

今回は法要が朝10時からということで、夜中に移動して実家に着いてから仮眠という感じで辛かった。

戻ってくる前に久々に土門拳記念館に寄り道。


s20141123_124937.jpg

s20141123_121018.jpg

s20141123_121111.jpg

全部実家に泊まるとゴミも増えるし、前日の法要での疲れもあるので、また最終日は山形近くの宿に泊りで。
s20141123_181147.jpg

s20141123_181230.jpg

s20141123_181721.jpg

s20141123_182030.jpg

s20141123_182042.jpg

s20141123_182048.jpg

s20141123_182058.jpg

s20141123_185116.jpg

安い宿だったけど、食事はよかった。

今回の帰省は法要があったので、あまり実家の整理はできなかったけど親父の車の車検の段取りだけはできたので、最低限の用事だけは済ませられた。

若者の法要だったので、やりきれない気持ちもあって、いつもにもまして疲れた帰省だったな。

アクラのバッフルを...

外した。

カーボンエンドのタイヤ側にあるゴム製のカバーを外すと、8mmのラチェットがギリギリ入る様にカーボンに丸く穴が切ってあって、その先にビスが。

カーボンの穴からラチェットを差し込んでビスを溶接をパキッと一捻りしてあとは緩めて外して、スポッとバッフルを抜いて終了。
カーボンエンドの穴は結構でかいので、ゴムのカバーは元どおりに戻した。


ラチェットが無いとビスを外せない構造なので、手持ちがあってよかった(^^;;

デシベル・キラーと呼ばれてるものを外したんだから、フルエキでこの状態だとそこそこの音量になるんだろうけど、サイレンサーの手前に弁当箱が付いたままの状態なので、外してもさほど音は大きくならず、周囲への影響は少なく、それでいて乗り手には心地よい感じの音量に。



プチ紅葉狩り

遠出ではなく近所で。
全体的にはまだまだだったけど、場所に寄ってはいい感じに色づいていた。

もみじの紅葉までは、桜の葉とかの赤もきれいなもんだなと思うけど、もみじは別格だね。


s20141121_112406.jpg

s20141121_115400.jpg

s20141121_114306.jpg

s20141121_115017.jpg

s20141121_115427.jpg

s20141121_120000.jpg

s20141121_120301.jpg

s20141121_115457.jpg

s20141121_122743.jpg

房総ショートツー

錦織くんの準決勝を見てたので、寝たのが遅くて遅起き。
それから、サスのセッティング変更やらで出るのが遅くなったので、君津ICではなく君津PAで休憩してから、そこのスマートETCから出た。


うんと薄いけど大観音の後方に富士山が見えた。
s20141116_104255.jpg

今日からマッピングのデフォはアグレッシブに。路面状況や疲れがある時はスタンダードにする感じに。
それほど劇的な変化という訳ではないけど、やっぱアグレッシブの方がアクセル開けたい感じになるね。

コーナーペイントが増えてすでに峠としては価値なしと友人に聞いてたけど、登りや直線区間でエンジンを回してみたかったので、安房Gラインに。
もっとペイントだらけなのを想像してたので、思ってたよりマシw

で、地滑りPにて恒例の写真撮影。
s20141116_113843.jpg

s20141116_114101.jpg

s20141116_114029.jpg

飯も食べずに走り回って帰宅。

GSより100kg程度軽い軽量バイクなので、コーナリングの進入でさほど減速しなくてもくるっと回る。
ブレーキが不要なコーナーでも回転が落ちるようだと立ち上がり前にシフトダウンが必要なので忙しくはあるw
もちろん、ギアがあってる状態での立ち上がりの加速はGSの方が圧倒的に上だけどね。

サスセッティングはフロントはコンフォートのままで、リヤ周りはコンプとリバウンドをスタンダードのセッティングにしてみたけど、特に硬くて乗りにくいとかは無いから、当面はこのセッティングで行ってみるか。