[Madone]mixi江戸川サイクリングロードコミュ恒例キャサリンツアー

毎年みどりの日恒例の江戸サイコミュの葛西臨海公園ツアー。
いつもGWはこのイベントで始まるって感覚なんだけど、今年は27日から休みが始まって前半の3連休の最終日に。

このイベントには、今年で4年連続の4回目の参加だけど、毎年雨に降られないのは主催者の人徳かな。

で、今年も3年連続夫婦で参加。
約1年ぶりの自転車となる嫁とは前日ごく近所までリハビリポタを実施して軽く準備。自転車の乗り方は忘れてなかったようだww

ツレを急かさないように早すぎるくらいに家を出て、江戸サイに向かう真間川沿いを進むと後ろからバリ人さんが合流。時間的に、彼となら一里塚までも間に合いそうな時間だったけど、今日は嫁の体力温存優先で寅さん記念館に向かう。

市川橋を渡ったところで、横浜から自走参加のすーくんから寅さんに到着とのLINEメッセージあり。

寅さん着で、後から合流の暴走親父さん、サトシさん、キタケンさん逹と合流し談笑しながら、一里塚から向ってる本隊との合流待ち。暑くも寒くもないすばらしいサイクリング日より。


待つことしばし、本隊が続々到着。本隊が20名ぐらいに、寅さん合流が10名程度で、今年も合計30名程度で出発。

20キロ以下のまったりしたペースで、篠崎ポニーランド~篠崎緑道(unicoロード)~今井橋のスポーツ公園を経由して南下中。
i5IMG_7153.jpg

i5IMG_7155.jpg

順調にキャサリンまで進み、キャサリン着が11時ぐらいかな。
i5IMG_7156.jpg

i5IMG_7158.jpg

今年もお約束のピンボケ写真で、冷やしきゅうりの1本漬け。ヒンヤリまいう~
i5IMG_7159.jpg

各自弁当やマックなどを持参して、海に面したいつもの芝生広場に向かって、お昼→自己紹介→自転車チェックなど。
i5IMG_7162.jpg

i5IMG_7160.jpg

i5IMG_7167.jpg

去年、一昨年は2人ともミニベロで参加だったけど、今年はロードで。嫁は久しぶりすぎるので転倒→大けがとかが嫌で、ビンディング禁止の普通のスニーカーにしてもらったw
i5IMG_7168.jpg

広場で2時間近くまったりくつろいでから一応の全体解散で、2/3ぐらいはまた来た道を北上していく。
今年はキャサリン到着目前から南風が強くなってきてたので、帰りは追い風でスイスイ♪予報通りでニヤリ

篠崎緑道のいつもの酒屋さんが、去年から歓迎ポスターを貼って待ってくれてるんだけど、今年は力作!www
みんなでアイス&ドリンクで補給を取る。
i5IMG_7169.jpg

徐々に流れ解散的に本体が縮小していく中、うちらは市川橋で埼玉方面に向かう本体、市川駅に向かう親父さん、すーくん、サトシさんと解散。

なべおさん、atom1955さん、嫁と4人で真間川沿いを進み、流れ解散。
atom1955さんを中山競馬場付近まで先導して帰宅が15:30ぐらいだった。

まったりと60キロぐらいのゆるぽたのツアー。このゆるぽたっぷりがこのツアーの魅力なんだよね♪
自転車あまり乗ってなくて、不義理して1年に1回このイベントでしか再会できない方々や、それ以上久しぶりの方々との再会など、今回も楽しめました。

また来年も(その前に今年はひょっとして秋の会があるかもしれないけど)、よろしく(^O^)/

ママレモンかとうさんはじめ、江戸川サイクリングロードジャージ着用のみなさん、サポートありがとうございました。今年も楽しく過ごせましたm(_ _)m


社員は、iPhone5



房総慣らしツーリング F800RR?

納車の週の土日はわずか7km走行で終わってしまったけど、今週はその分をとりかえすべく平日の夜走りでまずは250kmまで。
で、昨日は職場のBBQだったので早朝から9時帰宅のタイムリミットまでコツコツ走って485kmまで。

で、ようやく慣らしに1日使える日曜日到来。

とりぼんがつきあってくれるとのことで、いつもより早めの君津8:30集合。途中京葉道路でimopさんと遭遇し、少し話し込んだのでいいタイミングで到着。

とりぼんとは同じ時間にセブンイレブンに到着だった。F800R×2でRR化(笑)


車体周りの違いを目ざとくアチコチチェックしてからスタート。
マザー牧場~もみじロード~しいたけ村~道の駅 三芳村で小休止。

で、安房グリーンラインを上って下って、地滑り地層P着。ポカポカ陽気でウグイス鳴きまくりな、まさにツーリング日よりな気候。
i5IMG_7121.jpg

i5IMG_7124.jpg

i5IMG_7122.jpg

折り返して、168号~89号経由でR127。今日は先頭のとりぼんが船よしを選んだ。
三品定食にした。魚のてんぷら、魚のから揚げ、タタキ、ばらちらし寿司の定食で@1400。
i5IMG_7128.jpg

昼飯食べて県民の森からの林道経由で勝浦ダムに。
i5IMG_7131.jpg

i5IMG_7132.jpg

養老渓谷を経由して、以降とりぼんセレクトの慣らしの距離稼ぎ連れまわしコース(DR-Z SMで走ってた懐かしのコース+初めて走るコースの組み合わせ)で走り回り、昨日の14:00にオープンしたばかりの圏央道 市原鶴舞ICからすぐのサンクス着。
もうハロハロはじめましたの看板あったけど、今日はあまおういちごソフトで。まいう~♪
i5IMG_7134.jpg

サンクスの隣にできた市原鶴舞バスターミナルは、今日から高速バスの乗り入れが開始となった記念でオープニングセレモニー中。
ここから圏央道~アクアラインをつないで、東京駅、羽田空港、横浜に行く高速バスが出るんだとのことだけど、下手するとうちから羽田行くよりも全然早いかも(~_~;)
i5IMG_7135.jpg

このるるぶFREE市原市と、千葉県サイクリングガイドをもらって持ち帰ったけど、家で読んだらどちらも面白かったww
i5IMG_7140.jpg

もう家まですぐのとりぼんとサンクスで解散し、市原鶴舞ICから昨日オープンしたばかりの東金JCTまでの圏央道区間を回って帰ることに。

ほとんどが対面交通区間で、追い越し車線は市原鶴舞IC~東金JCTまでに3か所しかない。けど、路肩は広いよwww

見慣れた館山道ではなく、圏央道の風景を楽しみつつ東金~千葉経由で帰宅。圏央道に乗る前は暑いくらいな気温だったけど、圏央道の新規開通区間はヒンヤリと涼しかった。

距離は木更津周りとさして変わらない感じ。たまにこっち回るのも変化があって楽しいかもね。

14:30頃に帰宅。とりぼんに連れまわしてもらって今日は330km距離を稼ぎ、ODOは800kmを越えた。あと200ぐらいだね。5000回転しばりもw
i5IMG_7142.jpg


F800Rで本格的にワインディングをじっくり走るのは今日が初だったけど、ヒラヒラ感がたまらない。乗り始めた頃は倒れこみが軽く早すぎてドキッとするので、自分がそれを遮ってた感じもあったけど慣れてきた。

それと、ビッグバイクを所有しながらも、ミドルクラスのモタードはDR-Z SM手放してからもずっと欲しいなぁと思ってたけど、実はモタード並みとは言わないながらもかなり軽い車体に、400ccクラスのモタードでは不足と感じてたパワーがプラスされてるこのマシンって、実は自分がモタードに求めてた乗り味を体現してくれてるような感じがした。そんなことを思いながら乗ってた今日1日だった。

とりぼん、つきあってくれてサンキュー(^O^)/


写真は、iPhone5

1200→800ccへのダウンサイジング

2013年モデルのカラーのうち、青白は国内導入が4月に入ってからだったので、契約から1.5か月ぐらい納車待ちしたけど、ようやく本日納車。

R1200GSからF800Rへ排気量2/3のダウンサイジング。

GS乗り換えの理由はほぼ唯一、タンデム時の取り回し不安を解消したいから。

旧型とはなったものの空冷DOHCのR1200GSはほとんど不満のない万能マシンだけど、唯一その巨体ゆえ、身長180cmに満たない自分がライダーでタンデムする場合に、低速走行を強いられる場面や、2名乗車したまま足をついての車体を取り回したりする場面でとっても不安がある。
轍があったり、斜面だったり、土や砂利の足場だったりすると顕著に(汗)

なので、new R1200GSの試乗車が店頭に並び始める前に800Rを高速・市街地と1時間ちょっとじっくり試乗。

一部では、TEBは近い将来new R1200GSに逝くに違いない!的な予想があったけど、そんな予想を覆す形でミドルクラスに鞍替え決定。

new GSも魅力的だけど、財布に大きなインパクトが必ず出るし、取り回しはかなり軽く感じるようになったとのインプレは目にするものの、自分の体格とバイクの車格との関係はほとんど変わらないと思うので。


F800Rチョイスのポイントは

・いざという時の安心装備ABSや、BMWではあたりまえのグリップヒーター装備
・タンデムでの宿泊ツーリングの荷物でも大丈夫な積載性能の確保
・タンデムシートの居住スペース
・家計への新たなインパクトが皆無
・ピキピキのSSレベルではないものの、軽量な車体が生むヒラヒラ感と、取り回しの気楽さ
・出だしや中間加速で不満のないパンチを感じるエンジン
・以前にマイチェン前モデルを試乗して高評価
・趣向として17インチのロードタイヤ構成が好き
・狼の皮を被った羊とか一部ネットで呼ばれてるけど、
 Fシリーズでは800GSと並んで好きなスタイリング
・気になる高速道路の巡航性能も、
 かつてK1200Rオーナーだった経験が生きてか?まぁそこそこ耐えられるレベルww
・今年、価格改定で買値がけっこう下がった
 なのに、日本に導入される車両に装備されるオマケは増えた。
   1.LEDウィンカー(うれしい)
   2.パニアステー(うれしい)
   3.大型ラゲッジキャリア
    (後方に伸びてカッコ悪いから要らないけど、パニア装着には必須なんだって)
   4.センスタ(要らない)
・購入後のランニングへの影響として、車両価格の低下による任意保険額の負担減

大型ラゲッジキャリアはタンデムの機会に付け替えるようにノーマル形状の短いクラブバーも部品渡しで注文(苦笑)

デラの店頭にあった車両にはメッツラーのスポルテック M5が装着されてたけど、4月に入ってきたものはミシュランのパイロットパワー装着だった。

ちなにみ、嫁には納車から帰宅して玄関に到着したところで報告&タンデムポジションチェックw

あすは、仲間内が慣らしツーリングに付き合ってくれると申し出てくれたけどあいにくの雨で断念。

今日の午後に少しでも走ろうと思ってら、家に着いたらポツッと来たので、バリオスコートを念入りにかまして、収納して終了。走行7kmのみorz

一気に慣らし終わるまで走ろうと思ったけど、出鼻くじかれたのもあるしゆっくりじっくり行くかもね。来週もイベントあるし(^_^;)

顔つきは旧R1200GS、F800GS、F700GS、K1200Rと同類で酷似w


とりぼんのモデルと大きく異なるのがこのサイドパネルが追加になったことかな。正直前のデザインが好きなんだけど(-_-;)
s20130420_RX100_0006.jpg

DWAを装着したので、ETCは左サイドのシートカウルにマジックテープで固定する形で。
平坦なベース部分に固定しているのので座りはいい。
s20130420_RX100_0001.jpg

7kmの走行ですら日本導入の標準シートのローシートは苦痛だったので、帰宅後に調達済みのハイシートと早速チェンジ。
s20130420_RX100_0003.jpg

フロントタイヤが蹴り飛ばした異物が色々とエキパイにあたりそうなので、アンダーを装着。
s20130420_RX100_0004.jpg

アクラに。バッフルはまだつけたまま。
s20130420_RX100_0005.jpg

これまで乗ってたGSと同じLEDテールに。
s20130420_RX100_0008.jpg

ODO8kmで受け取って、今日は15kmまで慣らしが進んだ(爆)
s20130420_RX100_0010.jpg

K1200S族車カラー以来の久々の青が入ったバイク.....シートから見える景色もなんか新鮮。
この相棒ともアクシデントなく色んな場所を旅したい。

春の岐阜花見ツーリング(2日目編)

2日目朝、5:30起床。なんとなく窓の外は快晴ぽい。

朝飯は7:30からなので、もっとダラダラ寝ていたかったけど、部屋の中の軽い喧騒を感じて起床することに。まぁ、睡眠時間的には十分だけど、予定がなければいくらでも寝られる人間なのでw

早い人は3:30頃から起きて風呂入ったりロビーでテレビ見てたり過ごしてたらしい。部屋の床の強度の問題か足取りの重さの問題か、その人が行動する度に床がすごく揺れるので、聞くまでもなく誰だかわかったwww

すでに外に出た人達によると気温0℃だって。雪降ってなくて良かったね的な(・。・;
↓早朝から気温0℃くらいの外で元気な方々w
s20130414_TX10_0001.jpg

s20130414_TX10_0002.jpg

6時過ぎまで布団でぐだぐだしてから6時に風呂に。ビール大量消費の翌日なので脱水で尿酸値上昇を警戒して軽めの朝風呂。

汗が止まってから、寒さ対策で浴衣の下にアンダーを着込んで朝飯前に荷物をバイクにセットして、軽くボディをタオル拭き。前日が好天だったので、バイクはほとんど汚れてもなくて、掃除の必要もないくらいだった。2日目も快晴なので今回は汚さず帰れそう♪
s20130414_TX10_0003.jpg

7:30を待ってましたとばかりに朝食会場に勢いよく向かう面々。自分は朝風呂で多少は腹がこなれたものの、前夜の食いすぎのダメージありありで食欲はぼぼなし(苦笑)

朝飯はこんな感じで、結局おかずが多くてごはん1杯では抑えきれず、2杯食べた(爆)
s20130414_TX10_0007.jpg

s20130414_TX10_0006.jpg

s20130414_TX10_0008.jpg

出発はまったり遅めにする?という声があがったけど、今日の行程は三ヶ日まで下道で170kmあるからそこそこ走ると言ったら、みんなすぐに支度を始めた(爆)

宿の駐車場で記念撮影して出発。外気温センサーの値は7℃まで上昇してたので、暑い1日になりそうな予感。

今日のルートはほんとにわかりやすい「ひたすらR257」ルート。
途中、中津川・恵那付近で中央道を突っ切って太平洋方面に進み、三ヶ日ICから新東名で東京方面に帰る岐阜~愛知~静岡ルート。

春の交通安全運動も終了目前で、狩猟もラストスパートだと思われるので、前方注意は怠りなく進む必要がある。

交通安全運動期間中は、いかにも追い越せますよ的な追い越しには好条件の走行区間は、そこで速度が乗った状態を狙った速度取締が多いから、むしろ前後の見通しの悪い(=取締しずらい)区間で追い越しする。
この運動期間中は安全運転を意識というより、いかに取締を避けるかしか意識したことないよ。

出発から1時間程度でトイレ休憩のリクエストがありコンビニで小休止。
朝だけは厚着で出発した面子もウェアの中のインナーを脱ぐ。自分もここからストガドの脇ベンチレーションを解放していくことに。

再び出発。風が通るようになって涼しい。中央道を横切るときに、一瞬通行するR19の立派な道路っぷりに驚きつつ、R257に復帰。
愛知は岐阜よりキャッツアイが多いのが難点だけど、R257は交通量が少な目で適度にくねり相変わらずいい感じ♪

どんぐりの里いなぶまで進んだところで休憩。
なんか、バイクが多数、走り屋系の車も多数で、この道の駅の大人気っぷりにびっくり。茶臼に向かう面々のメッカなのかなぁ...

s20130414_TX10_0009.jpg

ソフトクリーム屋があったので、ソフト食べようかなぁと呟いたら、それをshuuさんが拾って、ソフジャン決定。
@300円/個で、5人分だと1,500円の出費になるので気合が入ったけど、無事に言い出しっぺの負けで勝利のソフトまいう~。

s20130414_TX10_0010.jpg

再び、一路三ヶ日を目指す。途中給油休憩を1度挟む。いつもより若干燃費がいいけど、ガソリンの値段が高杉(@_@;)

稲武以降のルートもR257は快適で楽しい区間。三ヶ日IC近くまで進み、Garminには昼飯ポイントまで残り13kmと表示されたあたりで、事前にマップルでチェックしてナビにセットしておいたショートカットルートを使うが、これがまさかの大酷道orz
濡れた針葉樹や、小さな落石、水たまりや、泥交じりの流水が道路を横切ってる箇所が所々あって、ついにここに来てバイクは汚れてしまった(苦笑)

帰宅後に走行ログとツーリングマップルで確認したら、今回使った酷道68号 風越峠は、マップルでは快走路マークが付いてる道だった(-_-;)

このゾーンを走ってる10分ほどは距離もまったく稼げず、ホント無駄な感じだけれど、猪鼻湖のほとりのうなぎ 千草にはいい時間帯には到着したので、結果オーライ。

この千草は、最初はこの面子のツーリングの際にネットで調べて見つけて使った店だけど、味がいいし、うなぎ食えない親父さんが食べられるうなぎ以外のメニューがあるし、三ヶ日ICから6~7kmの立地というのもあって、自分にはお馴染みの店と化してて、今回が5回目ぐらいの利用www

親父さんと、朝飯でギブアップのkoyamaさんは、しらす丼をオーダーしてたけど、外の3人は肝焼き+うな重(上)をチョイス。
s20130414_TX10_0011.jpg

s20130414_TX10_0012.jpg

朝もしっかり食べたのに、食えるもんだねぇ。完食wwww

満足して店を出たのが13時前ぐらい。さらにインナーを脱ぎ捨て、ここからのラストの高速300kmの長旅の眠気に備える。
三ヶ日ICから新東名にアプローチするために下り線に乗り、三ヶ日JCTで新東名方面にアプローチ。JCTがわかりにくかったのか、道路上のペイント表記や、看板が以前より目立つようになってる。
開通間もない時に使った去年のこのツーリングの時は、先導するすーくんが進む方向があってるようには思えなかったのを思い出したwww

三ヶ日に向かう途中から風が強くなってきてたのは感じてたけど、高速乗った頃には強風が吹き荒れる感じになっちゃってる。けど、交通量はガラガラ。
駿河湾沼津SAのセルフで給油休憩。新東名を走るとガソリンは目に見えて減る(・・;)
s20130414_TX10_0013.jpg

「ヌーの群れの最後尾は捕獲される」という強迫観念があって、後ろ4台も遅れず着いてきたので疲れたってw

下り路線では3か所ほどパトライトで路肩に止めて切符切ってる光景を目にしたけど、そもそもの想定速度からしてゆっくり走れってのが無理な路線だよね、新東名って。車で走っても気が付くととんでもないスピードになってたりする。

せっかくなので早い時間に帰りたいから休憩もそこそこに。御殿場で東名に合流してからは交通量がアップ。

ここまでアクシデント無しで来てたのに、海老名SAの手前で後ろを全く見てなかったトラックが、バイクの前輪とトラックの後輪に並んだくらいの瞬間に急ハンドルで車線変更しやがって、トラックのボディと左のミラーが接触する寸前の危ないシーンがあったけど、なんとか無事に回避!

トラックに迫られたそのタイミングで前に出た親父さんは、そのままペースを上げて圏央道方面にサヨナラ~(^.^)/~~~
同じく圏央道で帰る予定のkoyamaさんは姿を確認できなかったけど無線であいさつして、残り3台は保土ヶ谷BP経由で湾岸に出て解散。

予定通り明るいうちに無事に帰宅。

強風の中距離走ったせいか、もう握力もなくなってきてて上腕~首筋~肩~背中も悲鳴。
湾岸道路を走ってる頃にはもうすぐにでもバイク降りたい衝動に駆られたほどだったけど、三ヶ日で酷道に迷い込んだおかげで下回りが汚れたバイクを放っておけないので、気力をふり絞って軽く洗車してからバイクを収納。ツーリング終わりの愛車はひときわ愛おしいから、疲れてなければツーリング後の洗車は嫌いではないんだけどね。

2日間で1000キロを少し超えたぐらいのツーリング、2日間通して晴天、ナイスな道、温泉、美味い食事・酒・語らい、なおかつ事故・故障・違反切符もなく、多少寒さはあったもののとてもいいツーリングだった。

参加のみなさん、乙でした(^0_0^)ノ

来年の宿の予約は入れずに帰ってきたけど、囲炉裏の個室で、網焼きの飛騨牛+懐石料理ってプランもなかなか興味ありなので、交通安全週間を避けて1週遅れの週に予定をずらして、宿の周りの桜を見るって案もいいかもね。どぉ?

写真はすべてDSC-TX10。

携帯サイズ優先で珍しくTX10を持参したけど、撮影した画像を見るとiPhone5と比べても特筆すべき部分も無くて、これだったらiPhone5でもよかったかなぁってレベル。RX100を持っていかなかったことを後悔(苦笑)

春の岐阜花見ツーリング(初日編)

blog記事は、今回のでちょうど900件目。7年弱だから1年100件ちょっとずつなんとか続いてるね。

ということで、4月第2週、春の交通安全週間まっただ中にこのところ恒例の岐阜方面花見ツーリング。

関東の桜はすでに完全な葉桜になっているものの、岐阜はどぉでしょ??
(一応花見ツーリングとはなっているものの花見渋滞はご勘弁なので、渋滞が予測されるスポットには近づかず、気持ちのよい道優先でwww)

今回都合がついたのは、ALL関東勢の5名。双葉SAに8時が第1集合。
空は快晴ながら放射冷却で寒いことこの上ない中、完全冬装備で出発。談合坂エリアは外気温センサーが4℃とか(苦笑)

出だし区間は相変わらずほぼ全線渋滞気味の中央道は大嫌いだけど、トンネル抜けて甲府エリアに入ってからの山々の神々しい姿を堪能しながら走り双葉SA着。
またトップ到着だった。ほどなく参加メンバーも到着。
s20130413_TX10_0014.jpg

前夜に、急な仕事が入って夜中終わりになるので、集合には間に合わないと思うと親父さんから連絡があったけど、笹子トンネルの手前に居ると電話をくれた。

伊那ICを降りた所で集合ということにして、残り4人はまったり8時半に準備して、双葉で給油してから出発。

途中、諏訪南~伊那までは高速沿いの桜が満開でいい感じ。

到着したら、やっぱり親父さんが先着してた。しかも、8:00過ぎには双葉を通過したと言ってたから、自分らが双葉SAを出るよりだいぶ早い(~_~;)
s20130413_TX10_0015.jpg

伊那で今回のメンバー全員(暴走親父さん、しゅうさん、IZUMIさん、koyamaさん、自分)が集合となったところで出発。

以前に何度か台風の雨宿りとかパンク修理でお世話になったGSがある中原交差点を右折し、権兵衛トンネルに向かう最初の直線で対向車がいきなりパッシングしてきたので、念のため後続に減速を促して進むと、すぐに狩猟場。定番の狩猟ポイントと認識してる場所よりかなり手前でいきなりの速度計測中(-_-;)

パッシングの助けもあったし、そもそも"交通安全週間の期間中に"、"市街地に近く"、"譲り合い車線がある"、"白点線で見晴らしの良い"、"ロングストレート区間"を飛ばして通過なんて致命的なミスを犯すはずもないので難なく通過したものの、伊那ICで降りてこれから奈良井宿方面とかに向かおうという県外ナンバーの観光客にとってはアレは許せない怒りの対象だろうな。あんなところでいきなり捕まったら、二度と木曾なんて来るもんかって思うんじゃね?

伊那~開田のつなぎで使うR19区間では、オービス設置個所のすぐ後ろで速度計測中だったと同行メンバーが。
先頭の自分は気づかずだったけど、ほんと最近はやり口がいやらしいね。なにが交通安全週間なんだか....

開田に向かう途中から冬感が大いに強まる。終始外気温センサーは5℃以下。
道端は残雪だらけ、路面にも融雪剤が撒かれてたり、白っぽかったり、雪解け水が流れていたり。しかも冬場に荒れた路面は所々穴だらけのボロボロで気を抜いて走れない。

ゆっくり目に走って、御嶽山の雪景色が一望できる開田高原 九蔵峠展望台でお約束の小休止。
長野で前々日に降雪があったというのもうなづける裾野の白さだけど、真っ青な空とのコントラストも見事な展望で寒い思いをして走ってきた甲斐があったね。
s20130413_TX10_0024.jpg

s20130413_TX10_0016.jpg

s20130413_TX10_0019.jpg

s20130413_TX10_0027.jpg

s20130413_TX10_0029.jpg

九蔵峠展望台を過ぎた開田の北側エリアは冬感がさらにプラスで、ところどころ路面の凍結も\(゜ロ\)(/ロ゜)/

外気温センサーは安定して3~4℃以下を示してる。九蔵峠を降りきっても改善されず、旧シンシアから先のなかなか走りごたえのあるいい区間も、我慢を強いられたままにゆっくり走行。

ようやく外気温センサーが7℃とか若干上昇した道の駅 飛騨朝日村で小休止。バイク止めると日向の日差しは暖かい。
K1300Sが5台並ぶ、最近の仲間内ツーリングではなにげに珍しい風景。バックの山々の上部はまだ真っ白。
s20130413_TX10_0035.jpg

ジュージャンでしゅうさんにホットコーヒーをゴチになり、高山市内で飛騨牛以外で適当に昼飯にしようと相談して出発。

市街の台湾料理屋で昼飯。
宿の晩飯が激しいことを昨年泊まったメンバーは認識してるので、軽めに行きたかったんだけど880円と安価に設定されている定食を4人が注文。
これが爆盛り。しかも追加で餃子を2皿注文するという痛恨のエラーwww

店内は結構客が入ってるけど、どの客も定食なんて食べていないのだから、1度食べたらそのボリュームから定食は敬遠される店なんだと予想してるうちら。
完食もできずに、満腹状態で店を出る。

ここからR158で郡上八幡方面に向かう。せせらぎ街道は白バイが出没するし、路面が荒れているので今回もパス。

道の駅ななもり清美を過ぎたあたりからまた冬ゾーン。昼飯食べた高山市街はポカポカだったのもあり、ウェアを調整したメンバーは裏目に出て、GSでの給油休憩時に仲間内でのトイレ渋滞発生ww。

給油してる時にスタンドによると前日は終日雪がパラついてたらしい。桜はつぼみすらまばらな状態で、今年の岐阜の春は遅い。
s20130413_TX10_0036.jpg

で、やまびこロードを全線走行。相変わらず、全般的に車&バイク少な目でトラック不在、路面綺麗、バリエーション豊かなコーナーの連続ということで、岐阜エリアでは自分的にはイチオシルートだね。

途中の道の駅 白尾ふれあいパークで休憩。

本日2度目のジュージャンはIZUMIさんにゴチに。いつも無料でジュースやコーヒーが飲めるのはうれしいwww

午後のいい時間になってきたし、宿で風呂上がりのビールなどが頭の中にチラついてきたので休憩もほどほどに出発。

郡上八幡エリアの幹線道路と、R256の和良のあたりは、自分的取締チェックの最重点ポイントだったけど無事に通過。

途中、金山ダム湖を経由。ダム湖畔の桜並木は見頃だったけど、宿着時間を優先して停車せず。
金山ダム湖エリアは細かいワイディングが続くゾーンで、自分が元気な時はとても楽しいんだけど、この日は早起き+午後のポカポカ陽気で眠たい状態だし、すでに500km以上走ってきてる身体なので、もうワインディングはいいな的な心境だった。

R41の下呂メイン地域から舞台峠に進み、本日の宿 神明山荘に16:00前に着。
今回も軒下にバイク駐車場所を準備してもらい、夜露も安心。

今日の走行距離は560km。下道370km走行が効いたわ。
s20130414_TX10_0005.jpg

外観のショボさからは想像できない広々として綺麗な室内のギャップ感は相変わらずw
s20130413_TX10_0038.jpg

お茶と茶菓子で少し部屋でくつろいでから、さっそく風呂→風呂上がりのビールコース、1人あたり1本ちょっとねw
s20130413_TX10_0040.jpg

野球中継を冷やかしながら瓶ビールを空け、まったりと休んだ後に晩飯。
今回も昨年と同様に海鮮付き焼肉プラン、宿からサービスでグラスビールあり。そこにジョッキ生と黒霧のボトルでの宴会。

サラダ、焼き野菜&きのこ類、飛騨牛イチボ&トモ三角、飛騨牛ハラミ&タン、飛騨牛ホルモン&飛騨旨豚&奥美濃地鶏、ホタテ、エビ&イカ、白飯、味噌汁、おしんこ、デザート....もう途中で転がるしかない満腹感。

ちなみに今年はイカがほとんど焼かれず放置状態www
s20130413_TX10_0043.jpg

s20130413_TX10_0048.jpg

s20130413_TX10_0047.jpg

s20130413_TX10_0044.jpg

s20130413_TX10_0041.jpg

s20130413_TX10_0042.jpg

s20130413_TX10_0049.jpg

デザート前に、まだ大量に残った飛騨牛のハラミとタンが焼かれ、味噌汁とともに登場した各自の白飯の上に数枚ずつ載せられ強制焼肉丼にされたのが響いたな(・_・;)
それでもまいう~なデザートは別腹に収納して、晩飯終了。

そのまま風呂に行くもの、とりあえず部屋に戻って横になるもの、そのまま朝まで寝に入るものとそれぞれだったけど、自分は転がって少し腹がこなれてから風呂入って就寝。

2次会を楽しむ胃袋的な余力がみんな全く無し。ツーリングの心地よい疲れじゃなくて満腹過ぎて起きてられない。
と、いうことでみな早めの就寝。自分が寝たのは21:30頃かなwww

写真はすべて、DSC-TX10

2日目編に続く