ツーリングブーツを新調

過去blogを見てみたら、ツーリングブーツの新調はなんと8年ぶり。

荒天にも負けず8年間、宿泊ツーでは必ず相棒に選んで連れ出してたので長いこと大活躍してくれたBMWのオールラウンドブーツがいよいよボロッとなって、サイドのファスナーと防水ベロがダメになりかけてるのでお役御免に。

それで、ブーツを買わなきゃなぁとは思ってたんだけど、先週カントリーEXジーンズを買いにクシタニに行った時にカッコいいブーツがあったので、気に入ってサイズを探してもらってた。

ツーリングブーツなので当然の防水仕様で、使い勝手の良いミドル丈の「ネオブーツ」が新しいブーツ。






デビューは年明けかな。


SHOEI X-Fourteen

予約してたものが、発売となって到着。

グラフィックモデルの選択肢はまだ少ないけど、現役motoGPレーサーのレプリカグラフィックには抵抗があるので、ASSAILを選択。


自転車のTT用を彷彿させる後ろに長い形。



GT-Airよりはタイトなフィット感だけど、そこは自身がSHOEI頭なので、多分長時間被りっぱなしでも痛くなったりはしないと思う。

基本はRR乗る時用だけど、ムルティにでも合いそうな赤黒白カラー。

取説読んだけど、内装の角度調整は面倒くさそう(苦笑)

冬に備えてドゥカの充電器をゲット

松戸のデラにモノを持っていく用事があったので、ついでに買ってきた。

冬場のバッテリー弱り対策。
市販の汎用品が使えればいいんだけど、DUCATIのも専用品なんだよね....
s20151129_143829.jpg

ムルティの場合はライダーシート下に止めてあるコードのコネクタを外して充電器と接続して使う形。

とりあえず、これで乗れない日々が続いても安心かな。


久々に電熱ベスト復活

雨の日は買い物(;・∀・)

かつてはWIDDERの電熱ベスト+電熱袖を使ってたけど、使ってバイクに乗るとのぼせる感じがして友達にあげたという経緯がある。
電熱ベストを使わなくなった以降は、BMWのエアバンデージベストで冬場をしのいでた。

エアバンデージベストは電源も不要だし、空気の層が寒さをシャットアウトしてくれて寒くもなく快適なんだけど、エアーを入れる分ウェアの下で着ぶくれするのが難点かな。

ということで、なんとなく買ってしまったDUCATI Heated vest。
s20151114_122607.jpg

1サイズ大き目の奴が店舗にあったので、先日そちらを試着してみたけど、なんとかく自分のサイズは1サイズ下の奴の方かもなぁということで、そちらを取り寄せてもらって今日試着して、そちらをゲット。

モノはKLAN製なんだけど、形はKLANブランドで販売しているもと違って、着丈が短く作ってある。
理由は不明だけど、冬場は負圧で寒くなる腰回りの寒さを防ぐためにウェアの上下を連結して使うから、それを考慮しての着丈設定なのかなぁ....

WIDDERと比べてペラペラした素材感なのでかさばらなさそうなのと、KLANは今年のラインナップから2段階の温度設定が可能なコントローラーが標準装備になったらしい。そちらにはしっかりKLANのロゴ付いてるけどww

MULTISTRADAはリヤシート下とフロントのメーター横にhellaソケットの口が出てるけど、電源ケーブルとコントローラーケーブルが分離してる構造だからリヤシートしたから電源取った方が、乗り降りとかスムーズかな。

R1200R試乗

雨予報は何処へやら。

デラまで出かけて新型のR1200Rを試乗。


GSと同等の加速、サイズ感から来る取り回しや足つきの良さ。
GSより弱冠ハンドルが遠いけど、ハンドルのキレ角も充分だし、走り出せばヒラヒラだし、防風性能を除けば、まさにオールラウンダーだな~。

発売を控えてるハーフカウル装着モデルのR1200RSよりも、若々しいこちらのデザインの方が個人的には好み。

e-HEAT電熱グローブ

DUKEへのグリップヒーター装着をあれこれ考えるのが億劫になったので、買ってみた。RSタイチのe-HEAT電熱グローブ。


電源入れるとすぐに暖かくなってびっくり!(◎_◎;)

ハイパワーモードだと2時間しか持たないけど、エコノミーモードだと4時間持つらしいので、不要な時にはOFFにしとけば、なんとか1日いけるかな。

まあ、グリヒの方が便利なのは重々承知の上だけどね。
寒い日の朝イチの始動を見る限り、車両のバッテリー容量も小さそうだし。

遠回りの結果...ついにガレージに

自宅購入と同時に駐車場の端にバイクの雨避け用のサイクルポート(カーポートの屋根が少し狭い版)を設置し、その下になるようにバイクカバーでバイクを保管していた。
i5sIMG_3510.jpg

風雨だと、屋根の広さより内側まで雨が吹き込むんだという当たり前の事をあまり考慮せずに屋根のサイズを決めたので、風を伴う雨の日はバイクカバーが濡れる様を見て結構衝撃を受けたもんだけど、引っ越した当時はバイクを1台に集約してたので、雨をしのぐ分にはそれでもだいぶ効果があった。

バイクもいつしか2台体制に戻り、屋根が狭めのサイクルポートの下に2台だとほんとギリギリ感が出てきた。
それと、近距離で隣りあわせにバイクカバーでバイクを2台停めた状態で台風や暴風を経験するたびに、バイクが将棋倒しに倒れないかとドキドキして落ちつかない経験を何度も味わう。
風に煽られて、埃が舞い込んだバイクカバーとバイクのカウルが擦れまくってるイメージも精神的に気持ち悪い。

そこで、サイクルポートを活かしつつ、もう少し風雨に強い駐車環境が欲しくなり、バイクバーンを導入。
2台分の設置だと、サイクルポートの屋根から若干幅がはみ出てたけど、バイクバーンは、それまでのバイクカバーと比べれば、強い風でもバイクとカバーが干渉して擦り傷が付く心配もないし、バイクカバーを厳重に鍵や紐で縛る必要もないし、設置後に何度も経験した台風にも飛んでくんじゃ??とか思うものの、見事に耐えきった優れものだった。

アコーディオン式の半円形の形状ゆえ、後部に行くほど高さが無くなっていくので、うちで使ってたスタンダードとジュニアサイズだと、テールが高くて全長の長いバイクは入らないという制約があったので、過去の愛車選びに影響を及ぼしたこともあったけど、それでも設置の効果という点では十分に頑張ってくれてた。

まぁ、それでも構造上地面とカバーの隙間から多少埃が舞い込むのは防げないし、カギを掛けてても後部を持ち上げれば少し下はめくれるし、サイクルポートの下に置いていても強風を伴う雨はもろに浴びて、その場合はバイクバーン内部の地面にも雨水が侵入することもあるという点は相変わらずの課題としてなんとかしたいなぁとはずっと思っていた。

あと、今年2月の大雪。
毎年あんな大雪になることはないだろうとは思いつつ、毎年1回以上は雪が積もるまで降るのは確かで、今年の雪の時はサイクルポートの雪下ろしを4回やった。
あの量の積雪で放置してたら、ご近所の何軒かのように雪の重さに負けて、サイクルポートのポールか屋根が折れて潰れたと思う。そのそもそんな積雪を想定なんてしてなかったから、カタログスペックでは20cmの積雪までしか耐えられない仕様だしね。

最近は、横から吹き込む雨がバイクバーンの地面に侵入しないように、サイクルポートのポールを利用してホームセンターで買い込んだグッズでDIYでアレコレ加工作業をして、見た目はイマイチだけどそれなりの効果がでる形になっていた(片側からの雨に限るものの)んだけど.....その状態の見た目がお気に召さなかったのか、かつて物置タイプのガレージ設置にはガンとしてNOを通してきたかみさんから物置タイプガレージの設置にOKが出た。

なので、かみさんの気が変わらないうちにネットでいくつかの業者から見積もりを取って業者を選び、現地下見の後に見積もりをもらって業者を決め施工をオーダー。

床付のコンクリートの上に置く奴だと高さがけっこう高くなってしまうし、カーポートの地面をそのまま段差なく使いたかったので、土間タイプを選択。

設置には丸2日掛かるとのことで、好天の土日に出かけもせず家に缶詰で工事立ち合い。

ガレージ設置の前に、あらかじめサイクルポートは解体業者に撤去してもらっていたけど、その屋根なし状態で2回台風を経験する羽目になったのは想定外(苦笑)

そんな台風が去った後の施工日は施工日和の晴天。

初日は、2人掛かりで朝から日暮れまでの作業。土台のブロックベースの施工までで終了。
サイクルポートのポールの残骸が埋まってる箇所がガレージ設置の際に穴あけする箇所とかぶっていたので、ポールの残骸を処理する必要があったので難航してたらしい。それと、カーポートには緩やかに前傾の傾斜が付いてたので、傾斜を吸収するためにベース設置のブロックをカットする必要があるので、その分時間が掛かったのかな?

↓の状態で一晩放置。
i5sIMG_3799.jpg

2日目は1人作業。朝から5時間ほどの作業で上物の組立と設置が終了した。
職人さんの技は凄いわ。

物置タイプガレージはデイトナとかヨド物置とかからも出てるけど、「100人乗っても大丈夫」のイメージへの安心感があるのと、デイトナとかと比べれば比較的安価に済むし、サイズも豊富なので、イナバのバイクガレージにした。しかも差額がわずかだったので多雪地用にw
i5sIMG_3803.jpg

GSの方は先日からデラに預かっていただいていて手元には1台だけなので、元からあったカーポートのスリットをコンクリで埋めて乾いていない部分を避けて停めても余裕ありw
i5sIMG_3805.jpg

冬場にはバッテリの充電をしたいと考えると電気屋に頼んで外部電源からガレージ内に電源を引きこんでもらう工事が必要なんだけど、それはどうしようかまだ悩み中。

とりあえず、コンクリが完全に乾けば、雨風にもいたずらや盗難被害にも気を揉まずに済む丈夫なガレージが出来たことが嬉しい。


ZOSYA

C600sportをドナドナして、バイク1台体制に切り替えてからから5か月ちょい。

確かにここ半年は想像どおり、バイクに乗る暇なんてほとんどなかった。それでもGSは数回乗ったものの、修理で乗れない期間も2回あったし(苦笑)

それに相変わらず月1回以上のペースで頻繁に帰省して、アレコレと家の用事をこなす日々が続いているものの、バイクに乗れる機会も少しずつ増えてきて→ → → → → やっぱもう1台違った乗り味の新しい奴でバイク熱に刺激が欲しい病を発症(爆)

まぁ、会社生活と私生活のストレスからか、何事も面倒に感じてなんもやりたくない無気力状態が続いていたけど、物欲が復活したというのは、そこから脱却の兆しが出てきたのかな?w
カメラとかは買ってたけどね(^^;)

youtubeで候補のマシンのレビューや試乗、ツーリングやバトルの動画を毎晩眺め、日によってアレがいい、次の日はどうせならコレの方がいいんじゃないのか?でも予算が.....てな感じ。
で、翌朝になるとやっぱ2台目のバイクなんて要る?乗る暇あるの?維持費も掛かるし、置き場もまた何とかしないといけないし.....と自問して結果その2台目のための環境準備が面倒になって、テンションが下がってそこで思考停止の繰り返し。

で、やっぱりまた夜に帰ってくるとテレビが面白くないのもあって動画見て(苦笑)、前日とはまったく系統の違うバイクもまぁいいなぁと動画を漁る....みたいな生活が盆の前から続いてたけど、ここに来てイキナリ候補が絞りこまれて試乗まで。

白状すると、動画を漁ってた頃に一番の候補として見てたのは、MT-09。出て話題になってすぐにいいなぁと思ってたし、ツーリング先でもよくすれ違うし、その時もカッコいいなと思ってたのもあって重点的に動画やサイトをチェック。
あと、系統が全然違うけどお気楽感の極み、タンデム街乗りもしたいということでマキシスクーターのT-MAX530 → で、T-MAXを見ると、1度は手放したc600sportもまたチェックしたりして。。。。といった感じで、どうどうめぐりになるんだけどw

まぁ、アレコレふらついたものの、基本的な候補群はミドルクラスのネイキッドか、大型のマキシスクーターのいずれかということで、大きくブレなかったけど。←この時点でだいぶブレてるがww

そして先週の土曜日はデラに修理が終わったGSをアサイチで受け取りに行くことになったので、その足で都内のデラに試乗に向かった。

2つのデラで計4台試乗しようと思ってんたんだけど、当日は暑く.....1デラで2台を試乗して、まぁ、どちらかと言うと最初に乗った奴が気に行ったら、そいつにしようかなと思っていたこともあって、こっちでということで決定 → オーダー.....試乗するのを決めてからが早かったw

結果、大本命の第1候補も、マキシスクーターも止めて、別のマシンになった(;・∀・)

ひょっとするとゴルフ銀座に住んでる、だいぶ長いことバイクを待ちわびてる人よりも早く手元に来ちゃったりするかもねぇ....と思ってたけど、どうやら状況は変わって僅差の勝負になったらしい(爆)

さてさて、バイクシーズンでもあるし10月が楽しみ♪まぁ、自分のは仲間内と慣らしとか行ったら辛そうだけど(;´Д`)

あっ、それとblogのサブタイトル変えないとだな。。




ZUMO660のマップ更新

いいよねっとのセンドバック更新でZUMO660のマップを2014年版に更新。

今回の更新の目玉は圏央道(東名~中央道間と、千葉エリア)だね。




千葉エリアは何度も走ってるので、東名の相模原相川から先を早く走ってみたいね!

COOL DOWN VEST

去年、2名の知人が購入して、それぞれのインプレで評判が良かったCOOL DOWN VEST。

先日デラのグッズ紹介記事で目にし、今年は今ならどのサイズも在庫があるとのことだったので、この時期に買ってみた。





効果のほどが体感できるのは1ヶ月後以降かな。