見舞いで帰省ツーリング

土日で見舞いのための帰省。
車で帰るかバイクで帰るか迷った末に、天候を見てせっかくなのでバイクで行くことに。

前日のうちに支度して、早起きしたら雨が降った気配があって路面濡れてるし(苦笑)

まぁ、バイクで帰る支度もしたし、降ってくる様子はなかったのでそのままバイクで出た。
1月前にオイル交換のためのデラ往復はあったものの、Kにまともに乗るのは4月中旬の岐阜ツー以来....乗らなさすぎ(・_・;)

行きは外環から東北道ルート。郡山付近までずっと路面はウェットで、たまにポツポツとシールドに細かい雨があたるようなテンションの上がらない状態。しかも交通量は多いし東北道はつまらないね。

酒田まで全工程高速っていうのはあまりにも芸がないので、山頂付近にはどんより雲があるけど白石ICで降りて、蔵王エコーラインを行く。

前半は快調だったものの、山頂手前から雨.....そして山形側に抜けてもずっと雨で、雨が止んだのは麓の上山近くになってから。
まさに雨に降られるために山登った感じ(苦笑)


体も冷えたのでセルフで給油休憩して、R13からすぐに東北縦貫道に乗って月山まで。
月山エリアはまだまだ残雪が残ってるね。
s20130608_gr_0019.jpg

バイクの後方はキャンプ場。その奥に月山。夏場も涼しくて楽しそうなキャンプ場だなぁ。
s20130608_gr_0023.jpg

で、見舞いの前に昼飯。
満月、中町の三日月軒と並んで、酒田ラーメンのベスト3にランクインしてた花鳥風月に。
満月のような開店前の行列はなかったけど、続々と来客があるさすがの人気店。
s20130608_gr_0025.jpg

1番人気との店からのリコメンドコメントがあった花鳥風月ラーメンの醤油味をチョイス。
麺は細いちぢれ麺。この店の売りである海老ワンタンがまいう~。
しょうゆと並んで、柚子塩ラーメンもダブルエースで人気らしいので、次はそいつを食べてみよう。家から近いしw
s20130608_gr_0024.jpg

一旦、病院で面会し、その後に実家によって頼まれごとの用事を済ませつつ、合間にバイクの洗車もw
s20130608_gr_0028.jpg

s20130608_gr_0033.jpg

親父が最近CONTAX G2を買ったっぽい。自分もかつて使ってたことがあり、持ち物の趣味が被るねw
s20130608_gr_0037.jpg

ガレージにバイクを置き、車に乗り換えて買い出し→再び病院で面会→買い出し→面会と済ませ、夕方に病院を離脱。

晩飯は、平田牧場直営のとんかつや「とんや」で。

金華豚の生ハムサラダとジョッキからスタート。
s20130608_gr_0038.jpg

カキフライ
s20130608_gr_0040.jpg

金華豚の厚切りロース定食。ジューシー♪
s20130608_gr_0039.jpg

この藻塩で食べるとんかつもうまいんだよなぁ。
s20130608_gr_0041.jpg

日曜日は、まず病院で面会し、それから帰路に。
天気はよさそうだけど、朝は東北の広範囲で濃霧注意報とか警報が出ていたので、月山新道方面の高所を避け、実家近くから、最上川沿いにR345~R47~県道30号~R347で東北縦貫道まで。

ツーリングマップルのお勧めルートになってたけど、なんども走ったことがあるR345と、バイクでは走ったことがなかった30号・R347が楽しい♪
R47の区間はずっと黄線区間なのがアレなんだけど、そこは最上川の流れでも見つつまったり....ってのも、いいかもねw

大石田のあたりの最上川をバックに。海が近くなっって川幅が広がった雄大な最上川もいいけど、上流側のもいいね。
s20130609_gr_0002.jpg

朝は濃霧警報だったけど、昼には快晴になったので前日のリベンジで蔵王エコーラインを今度は上山側から。

下界は厚かったけど、山に入るとひんやり涼しいし、つづら折りの道はクネクネっぷりがいい♪
天候の条件さえよければ、道も景色も最高。
どれも県境だけど、山形・秋田にまたがる鳥海ブルーラインや、山形・福島にまたがる西吾妻スカイバレーと並んでいい道。
s20130609_gr_0005.jpg

s20130609_gr_0007.jpg

s20130609_gr_0009.jpg

s20130609_gr_0013.jpg

白石ICから東北道に入り郡山JCTから磐越道に。

いつ走っても郡山~いわき区間のアップダウンとクネクネ度合いが楽しすぎて、タイヤとガソリンがヤバイ(~_~;)
s20130609_gr_0015.jpg

給油のため、常磐道でラスト1ストップして帰宅。
s20130609_gr_0016.jpg

こりゃ、掃除しないわけにはいかないので、洗車して収納。
往復1100kmの旅。

2日目の実家からR345~R47~30号~R347~東北縦貫道~蔵王エコーラインの180キロの道はいい感じだったな。月山ルートも四季折々に景色が楽しめていい道なんだけど、こっちの道もまた、走ってみよう。

このところF800Rばっか乗ってたので、K1300Sは特に下りとか取り回しで重いわ、ゆるい前傾だけどその前傾がキツかったりで.....

有り余るパワーは相変わらず頼もしいものの、ふわわからじゃなくて、今はどっちかと言うとふわわまでの加速を楽しみたいって感じに趣向が変化してるなぁ。


写真は全て、RICOH GR



キャンペーン期間中にオイル交換

Kに乗るのは約1ヶ月ぶり(^^;;

先日試乗したnew R1200GSと比べて加速感はどぉだろなぁとか思いつつ乗ったけど、やっぱ試乗で感じたとおり出だしでいきなりグンと加速するGSの方が加速感は強いね。

一般道のワインディングだと、Kの方が立ち上がりが速いシチュエーションってうんと限られる感じがするわ(⌒-⌒; )

まぁ、それはさておきシェルのオイル交換キャンペーン期間中にオイル交換。

指定粘度は5W-40と10W-50だけど、これから夏場だし15W-50のULTRAで。

オイル交換memo odo:5960 フィルター:×

春の岐阜花見ツーリング(2日目編)

2日目朝、5:30起床。なんとなく窓の外は快晴ぽい。

朝飯は7:30からなので、もっとダラダラ寝ていたかったけど、部屋の中の軽い喧騒を感じて起床することに。まぁ、睡眠時間的には十分だけど、予定がなければいくらでも寝られる人間なのでw

早い人は3:30頃から起きて風呂入ったりロビーでテレビ見てたり過ごしてたらしい。部屋の床の強度の問題か足取りの重さの問題か、その人が行動する度に床がすごく揺れるので、聞くまでもなく誰だかわかったwww

すでに外に出た人達によると気温0℃だって。雪降ってなくて良かったね的な(・。・;
↓早朝から気温0℃くらいの外で元気な方々w
s20130414_TX10_0001.jpg

s20130414_TX10_0002.jpg

6時過ぎまで布団でぐだぐだしてから6時に風呂に。ビール大量消費の翌日なので脱水で尿酸値上昇を警戒して軽めの朝風呂。

汗が止まってから、寒さ対策で浴衣の下にアンダーを着込んで朝飯前に荷物をバイクにセットして、軽くボディをタオル拭き。前日が好天だったので、バイクはほとんど汚れてもなくて、掃除の必要もないくらいだった。2日目も快晴なので今回は汚さず帰れそう♪
s20130414_TX10_0003.jpg

7:30を待ってましたとばかりに朝食会場に勢いよく向かう面々。自分は朝風呂で多少は腹がこなれたものの、前夜の食いすぎのダメージありありで食欲はぼぼなし(苦笑)

朝飯はこんな感じで、結局おかずが多くてごはん1杯では抑えきれず、2杯食べた(爆)
s20130414_TX10_0007.jpg

s20130414_TX10_0006.jpg

s20130414_TX10_0008.jpg

出発はまったり遅めにする?という声があがったけど、今日の行程は三ヶ日まで下道で170kmあるからそこそこ走ると言ったら、みんなすぐに支度を始めた(爆)

宿の駐車場で記念撮影して出発。外気温センサーの値は7℃まで上昇してたので、暑い1日になりそうな予感。

今日のルートはほんとにわかりやすい「ひたすらR257」ルート。
途中、中津川・恵那付近で中央道を突っ切って太平洋方面に進み、三ヶ日ICから新東名で東京方面に帰る岐阜~愛知~静岡ルート。

春の交通安全運動も終了目前で、狩猟もラストスパートだと思われるので、前方注意は怠りなく進む必要がある。

交通安全運動期間中は、いかにも追い越せますよ的な追い越しには好条件の走行区間は、そこで速度が乗った状態を狙った速度取締が多いから、むしろ前後の見通しの悪い(=取締しずらい)区間で追い越しする。
この運動期間中は安全運転を意識というより、いかに取締を避けるかしか意識したことないよ。

出発から1時間程度でトイレ休憩のリクエストがありコンビニで小休止。
朝だけは厚着で出発した面子もウェアの中のインナーを脱ぐ。自分もここからストガドの脇ベンチレーションを解放していくことに。

再び出発。風が通るようになって涼しい。中央道を横切るときに、一瞬通行するR19の立派な道路っぷりに驚きつつ、R257に復帰。
愛知は岐阜よりキャッツアイが多いのが難点だけど、R257は交通量が少な目で適度にくねり相変わらずいい感じ♪

どんぐりの里いなぶまで進んだところで休憩。
なんか、バイクが多数、走り屋系の車も多数で、この道の駅の大人気っぷりにびっくり。茶臼に向かう面々のメッカなのかなぁ...

s20130414_TX10_0009.jpg

ソフトクリーム屋があったので、ソフト食べようかなぁと呟いたら、それをshuuさんが拾って、ソフジャン決定。
@300円/個で、5人分だと1,500円の出費になるので気合が入ったけど、無事に言い出しっぺの負けで勝利のソフトまいう~。

s20130414_TX10_0010.jpg

再び、一路三ヶ日を目指す。途中給油休憩を1度挟む。いつもより若干燃費がいいけど、ガソリンの値段が高杉(@_@;)

稲武以降のルートもR257は快適で楽しい区間。三ヶ日IC近くまで進み、Garminには昼飯ポイントまで残り13kmと表示されたあたりで、事前にマップルでチェックしてナビにセットしておいたショートカットルートを使うが、これがまさかの大酷道orz
濡れた針葉樹や、小さな落石、水たまりや、泥交じりの流水が道路を横切ってる箇所が所々あって、ついにここに来てバイクは汚れてしまった(苦笑)

帰宅後に走行ログとツーリングマップルで確認したら、今回使った酷道68号 風越峠は、マップルでは快走路マークが付いてる道だった(-_-;)

このゾーンを走ってる10分ほどは距離もまったく稼げず、ホント無駄な感じだけれど、猪鼻湖のほとりのうなぎ 千草にはいい時間帯には到着したので、結果オーライ。

この千草は、最初はこの面子のツーリングの際にネットで調べて見つけて使った店だけど、味がいいし、うなぎ食えない親父さんが食べられるうなぎ以外のメニューがあるし、三ヶ日ICから6~7kmの立地というのもあって、自分にはお馴染みの店と化してて、今回が5回目ぐらいの利用www

親父さんと、朝飯でギブアップのkoyamaさんは、しらす丼をオーダーしてたけど、外の3人は肝焼き+うな重(上)をチョイス。
s20130414_TX10_0011.jpg

s20130414_TX10_0012.jpg

朝もしっかり食べたのに、食えるもんだねぇ。完食wwww

満足して店を出たのが13時前ぐらい。さらにインナーを脱ぎ捨て、ここからのラストの高速300kmの長旅の眠気に備える。
三ヶ日ICから新東名にアプローチするために下り線に乗り、三ヶ日JCTで新東名方面にアプローチ。JCTがわかりにくかったのか、道路上のペイント表記や、看板が以前より目立つようになってる。
開通間もない時に使った去年のこのツーリングの時は、先導するすーくんが進む方向があってるようには思えなかったのを思い出したwww

三ヶ日に向かう途中から風が強くなってきてたのは感じてたけど、高速乗った頃には強風が吹き荒れる感じになっちゃってる。けど、交通量はガラガラ。
駿河湾沼津SAのセルフで給油休憩。新東名を走るとガソリンは目に見えて減る(・・;)
s20130414_TX10_0013.jpg

「ヌーの群れの最後尾は捕獲される」という強迫観念があって、後ろ4台も遅れず着いてきたので疲れたってw

下り路線では3か所ほどパトライトで路肩に止めて切符切ってる光景を目にしたけど、そもそもの想定速度からしてゆっくり走れってのが無理な路線だよね、新東名って。車で走っても気が付くととんでもないスピードになってたりする。

せっかくなので早い時間に帰りたいから休憩もそこそこに。御殿場で東名に合流してからは交通量がアップ。

ここまでアクシデント無しで来てたのに、海老名SAの手前で後ろを全く見てなかったトラックが、バイクの前輪とトラックの後輪に並んだくらいの瞬間に急ハンドルで車線変更しやがって、トラックのボディと左のミラーが接触する寸前の危ないシーンがあったけど、なんとか無事に回避!

トラックに迫られたそのタイミングで前に出た親父さんは、そのままペースを上げて圏央道方面にサヨナラ~(^.^)/~~~
同じく圏央道で帰る予定のkoyamaさんは姿を確認できなかったけど無線であいさつして、残り3台は保土ヶ谷BP経由で湾岸に出て解散。

予定通り明るいうちに無事に帰宅。

強風の中距離走ったせいか、もう握力もなくなってきてて上腕~首筋~肩~背中も悲鳴。
湾岸道路を走ってる頃にはもうすぐにでもバイク降りたい衝動に駆られたほどだったけど、三ヶ日で酷道に迷い込んだおかげで下回りが汚れたバイクを放っておけないので、気力をふり絞って軽く洗車してからバイクを収納。ツーリング終わりの愛車はひときわ愛おしいから、疲れてなければツーリング後の洗車は嫌いではないんだけどね。

2日間で1000キロを少し超えたぐらいのツーリング、2日間通して晴天、ナイスな道、温泉、美味い食事・酒・語らい、なおかつ事故・故障・違反切符もなく、多少寒さはあったもののとてもいいツーリングだった。

参加のみなさん、乙でした(^0_0^)ノ

来年の宿の予約は入れずに帰ってきたけど、囲炉裏の個室で、網焼きの飛騨牛+懐石料理ってプランもなかなか興味ありなので、交通安全週間を避けて1週遅れの週に予定をずらして、宿の周りの桜を見るって案もいいかもね。どぉ?

写真はすべてDSC-TX10。

携帯サイズ優先で珍しくTX10を持参したけど、撮影した画像を見るとiPhone5と比べても特筆すべき部分も無くて、これだったらiPhone5でもよかったかなぁってレベル。RX100を持っていかなかったことを後悔(苦笑)

春の岐阜花見ツーリング(初日編)

blog記事は、今回のでちょうど900件目。7年弱だから1年100件ちょっとずつなんとか続いてるね。

ということで、4月第2週、春の交通安全週間まっただ中にこのところ恒例の岐阜方面花見ツーリング。

関東の桜はすでに完全な葉桜になっているものの、岐阜はどぉでしょ??
(一応花見ツーリングとはなっているものの花見渋滞はご勘弁なので、渋滞が予測されるスポットには近づかず、気持ちのよい道優先でwww)

今回都合がついたのは、ALL関東勢の5名。双葉SAに8時が第1集合。
空は快晴ながら放射冷却で寒いことこの上ない中、完全冬装備で出発。談合坂エリアは外気温センサーが4℃とか(苦笑)

出だし区間は相変わらずほぼ全線渋滞気味の中央道は大嫌いだけど、トンネル抜けて甲府エリアに入ってからの山々の神々しい姿を堪能しながら走り双葉SA着。
またトップ到着だった。ほどなく参加メンバーも到着。
s20130413_TX10_0014.jpg

前夜に、急な仕事が入って夜中終わりになるので、集合には間に合わないと思うと親父さんから連絡があったけど、笹子トンネルの手前に居ると電話をくれた。

伊那ICを降りた所で集合ということにして、残り4人はまったり8時半に準備して、双葉で給油してから出発。

途中、諏訪南~伊那までは高速沿いの桜が満開でいい感じ。

到着したら、やっぱり親父さんが先着してた。しかも、8:00過ぎには双葉を通過したと言ってたから、自分らが双葉SAを出るよりだいぶ早い(~_~;)
s20130413_TX10_0015.jpg

伊那で今回のメンバー全員(暴走親父さん、しゅうさん、IZUMIさん、koyamaさん、自分)が集合となったところで出発。

以前に何度か台風の雨宿りとかパンク修理でお世話になったGSがある中原交差点を右折し、権兵衛トンネルに向かう最初の直線で対向車がいきなりパッシングしてきたので、念のため後続に減速を促して進むと、すぐに狩猟場。定番の狩猟ポイントと認識してる場所よりかなり手前でいきなりの速度計測中(-_-;)

パッシングの助けもあったし、そもそも"交通安全週間の期間中に"、"市街地に近く"、"譲り合い車線がある"、"白点線で見晴らしの良い"、"ロングストレート区間"を飛ばして通過なんて致命的なミスを犯すはずもないので難なく通過したものの、伊那ICで降りてこれから奈良井宿方面とかに向かおうという県外ナンバーの観光客にとってはアレは許せない怒りの対象だろうな。あんなところでいきなり捕まったら、二度と木曾なんて来るもんかって思うんじゃね?

伊那~開田のつなぎで使うR19区間では、オービス設置個所のすぐ後ろで速度計測中だったと同行メンバーが。
先頭の自分は気づかずだったけど、ほんと最近はやり口がいやらしいね。なにが交通安全週間なんだか....

開田に向かう途中から冬感が大いに強まる。終始外気温センサーは5℃以下。
道端は残雪だらけ、路面にも融雪剤が撒かれてたり、白っぽかったり、雪解け水が流れていたり。しかも冬場に荒れた路面は所々穴だらけのボロボロで気を抜いて走れない。

ゆっくり目に走って、御嶽山の雪景色が一望できる開田高原 九蔵峠展望台でお約束の小休止。
長野で前々日に降雪があったというのもうなづける裾野の白さだけど、真っ青な空とのコントラストも見事な展望で寒い思いをして走ってきた甲斐があったね。
s20130413_TX10_0024.jpg

s20130413_TX10_0016.jpg

s20130413_TX10_0019.jpg

s20130413_TX10_0027.jpg

s20130413_TX10_0029.jpg

九蔵峠展望台を過ぎた開田の北側エリアは冬感がさらにプラスで、ところどころ路面の凍結も\(゜ロ\)(/ロ゜)/

外気温センサーは安定して3~4℃以下を示してる。九蔵峠を降りきっても改善されず、旧シンシアから先のなかなか走りごたえのあるいい区間も、我慢を強いられたままにゆっくり走行。

ようやく外気温センサーが7℃とか若干上昇した道の駅 飛騨朝日村で小休止。バイク止めると日向の日差しは暖かい。
K1300Sが5台並ぶ、最近の仲間内ツーリングではなにげに珍しい風景。バックの山々の上部はまだ真っ白。
s20130413_TX10_0035.jpg

ジュージャンでしゅうさんにホットコーヒーをゴチになり、高山市内で飛騨牛以外で適当に昼飯にしようと相談して出発。

市街の台湾料理屋で昼飯。
宿の晩飯が激しいことを昨年泊まったメンバーは認識してるので、軽めに行きたかったんだけど880円と安価に設定されている定食を4人が注文。
これが爆盛り。しかも追加で餃子を2皿注文するという痛恨のエラーwww

店内は結構客が入ってるけど、どの客も定食なんて食べていないのだから、1度食べたらそのボリュームから定食は敬遠される店なんだと予想してるうちら。
完食もできずに、満腹状態で店を出る。

ここからR158で郡上八幡方面に向かう。せせらぎ街道は白バイが出没するし、路面が荒れているので今回もパス。

道の駅ななもり清美を過ぎたあたりからまた冬ゾーン。昼飯食べた高山市街はポカポカだったのもあり、ウェアを調整したメンバーは裏目に出て、GSでの給油休憩時に仲間内でのトイレ渋滞発生ww。

給油してる時にスタンドによると前日は終日雪がパラついてたらしい。桜はつぼみすらまばらな状態で、今年の岐阜の春は遅い。
s20130413_TX10_0036.jpg

で、やまびこロードを全線走行。相変わらず、全般的に車&バイク少な目でトラック不在、路面綺麗、バリエーション豊かなコーナーの連続ということで、岐阜エリアでは自分的にはイチオシルートだね。

途中の道の駅 白尾ふれあいパークで休憩。

本日2度目のジュージャンはIZUMIさんにゴチに。いつも無料でジュースやコーヒーが飲めるのはうれしいwww

午後のいい時間になってきたし、宿で風呂上がりのビールなどが頭の中にチラついてきたので休憩もほどほどに出発。

郡上八幡エリアの幹線道路と、R256の和良のあたりは、自分的取締チェックの最重点ポイントだったけど無事に通過。

途中、金山ダム湖を経由。ダム湖畔の桜並木は見頃だったけど、宿着時間を優先して停車せず。
金山ダム湖エリアは細かいワイディングが続くゾーンで、自分が元気な時はとても楽しいんだけど、この日は早起き+午後のポカポカ陽気で眠たい状態だし、すでに500km以上走ってきてる身体なので、もうワインディングはいいな的な心境だった。

R41の下呂メイン地域から舞台峠に進み、本日の宿 神明山荘に16:00前に着。
今回も軒下にバイク駐車場所を準備してもらい、夜露も安心。

今日の走行距離は560km。下道370km走行が効いたわ。
s20130414_TX10_0005.jpg

外観のショボさからは想像できない広々として綺麗な室内のギャップ感は相変わらずw
s20130413_TX10_0038.jpg

お茶と茶菓子で少し部屋でくつろいでから、さっそく風呂→風呂上がりのビールコース、1人あたり1本ちょっとねw
s20130413_TX10_0040.jpg

野球中継を冷やかしながら瓶ビールを空け、まったりと休んだ後に晩飯。
今回も昨年と同様に海鮮付き焼肉プラン、宿からサービスでグラスビールあり。そこにジョッキ生と黒霧のボトルでの宴会。

サラダ、焼き野菜&きのこ類、飛騨牛イチボ&トモ三角、飛騨牛ハラミ&タン、飛騨牛ホルモン&飛騨旨豚&奥美濃地鶏、ホタテ、エビ&イカ、白飯、味噌汁、おしんこ、デザート....もう途中で転がるしかない満腹感。

ちなみに今年はイカがほとんど焼かれず放置状態www
s20130413_TX10_0043.jpg

s20130413_TX10_0048.jpg

s20130413_TX10_0047.jpg

s20130413_TX10_0044.jpg

s20130413_TX10_0041.jpg

s20130413_TX10_0042.jpg

s20130413_TX10_0049.jpg

デザート前に、まだ大量に残った飛騨牛のハラミとタンが焼かれ、味噌汁とともに登場した各自の白飯の上に数枚ずつ載せられ強制焼肉丼にされたのが響いたな(・_・;)
それでもまいう~なデザートは別腹に収納して、晩飯終了。

そのまま風呂に行くもの、とりあえず部屋に戻って横になるもの、そのまま朝まで寝に入るものとそれぞれだったけど、自分は転がって少し腹がこなれてから風呂入って就寝。

2次会を楽しむ胃袋的な余力がみんな全く無し。ツーリングの心地よい疲れじゃなくて満腹過ぎて起きてられない。
と、いうことでみな早めの就寝。自分が寝たのは21:30頃かなwww

写真はすべて、DSC-TX10

2日目編に続く

ロングに備えタイヤ交換

再来週の岐阜ツーリングに備え、まだもうちょっとだけは頑張れそうな前後タイヤを交換。

交換直前のタイヤの時限定で、恒例の遠慮無しのフルスロットルでスピスタに向かおうと思ってたんだけど、首都高は全線ゲロ混みで不発(苦笑)

開店のスピスタ到着。今日は2番手。

この隙に、リヤ周りを掃除したい^ ^




タイヤは取り置きをお願いしてたBSのS20。
交換直後のタイヤは嬉しいよね♪




交換後にどっか走りに行こうと前日まで思ってたけど、気温一桁じゃそんな気持ち失せるね。

ナップス世田谷に寄り道するものの、嫁が熱で寝込んだので、急ぎ戻ることに。

相変わらず首都高は全線渋滞系な様子なので、横浜に住んでた時の懐かしルート、環八~第三京浜~横羽線~湾岸経由で帰宅。

交換直前のM3と比べるのはメッツラーには酷とは思うけど、やっぱS20の方が履いた感触がいいね♪

帰りの大回りで100キロ弱は走ったし、これで再来週の岐阜ツーリングも万全かな。

タイヤ交換memo:0~4,850km メッツラー スポルテックM3

ようやく春なので伊豆日帰りツーリング

春到来!房総以外のツーリングにw

足軽SAに8:30集合。50分ぐらい前についたけど薄着で寒い中を走ってきたて、冷え切ったのでレストランでモーニングをガッツリ(^_^;)


時間通りに出発。今日は6台。K1300S×4台+F800R+ZX-10R。
s20130317_RX100_0004.jpg

給油して沼津までワープの後、すーくんの抜け道で韮山まで。そこから旧富士見パークウェイの懐かしいクネクネを登り、伊豆スカin。

伊豆スカは高所なので、下界よりひんやりだけどスカイポート亀石には大量のバイクがwww
s20130317_RX100_0005.jpg

河津に向かうんだけど、河津桜狙いの渋滞は体験したくないので、伊豆スカで終点の天城高原まで行って、そこから海にアプローチして海沿いを進み、途中コーヒー休憩で時間調整して、昼飯どころは河津のうなぎ屋 大川屋

久々だけど、かつて外食産業のツーリング仲間から教えてもらった店。関西風の蒸さない歯ごたえのあるうなぎが相変わらずまいう~だった♪
s20130317_RX100_0006.jpg

s20130317_RX100_0007.jpg

昼飯食い終わって、まだ12時w
いい感じのワインディングで松崎に抜け、西伊豆のワインディングを堪能。
戸田から達磨山にアプローチ。
昼前から、たまにフロントから怪しげな感触を受けてたけど、今日のツーリングで完全にフロントは終わったみたい。リヤもスリップサインが近いので、慣らしの1000kmを含めて5000キロ持たなかったか(苦笑)

購入時のデフォM3は、距離が進むとセンターがトンガって残るからたまにドキッとする。
s20130317_RX100_0008.jpg

伊豆縦貫~沼津までところどころ渋滞があるものの、すーくんの抜け道でストレスは極小。
沼津IC手前でお土産に干物を購入して東名上りin。

厚木付近から10キロオーバーの渋滞。東名、中央道方面は帰りの疲れた体に渋滞のすり抜けがきついわ(苦笑)

海老名で最後の休憩&解散。それにしてもどこもかしこもバイクの多いこと(@_@;)
s20130317_RX100_0009.jpg

とりぼん、しゅうさん、IZUMIさんと湾岸で流れ解散して16:30頃に帰宅。530kmの旅。

冬場は房総でいいかなぁとか、特に冬場はときどき思ったりするけど、やっぱ伊豆には房総にはないワインディングが沢山あって楽しいね♪走りごたえもあるし。おっくうがらずにまた行こう!




色々飛んでる中の房総ショートツーリング

ようやく、ようやく春っぽい気温になったので、房総にショートツーリング。

待ち合わせ30分前には2人とも集合済み。今日はとりぼんと2台でね。
君津に集合した頃には、風がかなり強い感じになっきてた。


9時過ぎには支度して出発。とりぼんを前にしてマザー~もみじ~三芳村まで。
冬場は問題ないんだけど、春先でペースが上がるともみじのギャップはヤバいね。マン島TTレベル(大げさww)

房総ではところどころ派手な黄色で菜の花咲いてたよ!
s20130310_rx100_0003.jpg

先頭替ってとのことで、安房グリーンラインで地滑りPまで。Kはカウルを横風にあおられてかなり危ないのでペース控え目にしてたんだけど、F800Rは風の影響をまったく受けなかったって。フルカウルの弱点でたな~。
まぁ、すれ違うママチャリが向かい風に負けてみんな押し歩きしてたから、そのレベルの風+突風だったけどね。
s20130310_rx100_0005.jpg

s20130310_rx100_0006.jpg

s20130310_rx100_0007.jpg

puigのスクリーンを高い段にスライドしてみたんだけど、強風のせいで体感効果は不明だったって。見た目的には下の段までで押えた方がいいかもねw
s20130310_rx100_0011.jpg

三芳村で相談したように、海際はヤバそうなので、186~酪農の里とつないで、開店直後の名代亭で昼飯。
おらがX丼でギリだった。最後の方は満腹でヤバかった(~_~;)
s20130310_rx100_0012.jpg

午後のルートは88~かずさアカデミアパーク~圏央道の木更津東IC付近まで。
ローソンで休憩して、給油して解散。

帰りは姉崎付近で、目の前が茶色の空に飲み込まれたけど、自宅に到着して軽く掃除して収納してから、市川の空が真っ茶色になったから、被害は最小限かな。

路面に不安がなくなったこの時期のK1300Sはやっぱ楽しいね~。
強風で花粉やら黄砂やらPM2.5やら色々飛んでる中で帰宅後は目がショボショボしてるけど、全行程300km程度の半日コースの割にルートはバリエーションに富んでて、K1300Sの良さもF800Rの良さも出てたいいツーリングだったわ(ニヤリ)

来週は伊豆に遠征するぜぃ!

写真はすべてDSC-RX100で撮影。


リコール対応の無償修理

リコール(国土交通省届出番号:外-1903)の対応のため、デラに車両を持ち込み作業。

リコール内容は、
K1300S、K1300Rにおいて、フロントブレーキのリザーバタンクにスクリーンインサートを取り付けていないので、最高回転付近で長時間連続走行した場合に、車両振動によりフロントブレーキのオイルリザーバータンク内のブレーキ液に気泡が発生して、ブレーキの制動力が低下するというもの。

対応は、フロントブレーキリザーバータンクにスクリーンインサート(スポンジ状の奴)装着。

前に所有してたK1200SかK1300Sの時に、リコールかサービスキャンペーンとして同様の対応してもらった覚えがあったし、確か今のK1300Sは最初からスクリーンインサート入ってたはず.....とか思ってたんだけど、見たら2012モデルは入ってなかった(爆)

ブレーキラインの取り回しの変更と、リザーバタンク周りの形状変更により、このインサート無しでも気泡は発生しなくなったということで、2012モデルはインサート未装着で販売してたんだけど、やっぱり条件によっては発生するので装着するって内容(~_~;)
i5IMG_6563.jpg

空いてると思った火曜日にデラに持ち込んだけど、けっこうな客が入ってた。作業は15分ほどで作業が終了したけど、その間に試乗もできたし、作業後にKで平日の高速散歩もできたのでヨシとしよう。

今日は最高気温8℃の予報だったので、念のため電熱ベスト+アームチャップスのフル装備で出たけど、アームチャップスは必要なかったくらいの暖かさだった。

早く春来いや~。

ぶらっと首都高ラン

風もなく、冬場の休日としては暖かいツーリング日和な日曜だったけど、ひさびさにやっちまって10:45起床(苦笑)

それでも我が家では1番の早起きだったけどww

寝る前からバイクに乗ろうと思ってたので、かなり出遅れたけど昼からKで出発。

首都高をぶらついて、ガソリンタンク内のガソリンのが入れ替わる程度の距離を走って終了。


やっぱ、Kはその重さとパワーのおかげで、乗り出し時には、手に余る感がアリアリなんだけど、そこそこ走るとパワーや加速に感覚が慣れてるくるから人間の適応力ってよく出来てるw

日差しに誘われてか、首都高でもバイクを結構見かけたけど、白い車体とメットに青いウェアで身を包んだ歓迎せざるライダーまで走ってやがったから油断も隙もあったもんじゃない。

だいぶ長いこと望まぬランデブーだったけど、カゼニー満足w

ごく軽く走り初め

年末年始のうちに1度は乗っておきたいなということで、温かい日じゃなかったけど、ごく軽めにほぼ高速オンリーで走り初め。


外気温センサーは、気温-0.5℃~3℃の間で路面はやばすぎ。バンクさせてもヒヤヒヤするだけで楽しくないので、峠抜き。

融雪剤か霜か、路面が白いところをはしったので、帰宅後に軽く下回りを洗車して終了。

Kに乗るのはちょっと空いてたので、チョイ乗りでも楽しめた。


さて、今年はどこを走ることになるのかな~。早く温かくなってくれ!